上司のウケがいいのは?褒められる女子のビジカジコーデ

趣味・美容

会社によっては、制服着用など服装についてのルールがある場合もありますが、はっきりと書かれていないこともあります。「ルールが明確じゃないと逆に迷ってしまう」とお悩みの方も多くいるようです。今回は、上司や同僚などからもウケが良く、褒められる女子のビジネスカジュアルのコーディネートアイデアを紹介します。

カーディガン×シャツは応用が利く基本スタイル!


画像: JUN GROUP ONLINE STORE

カーディガンとシャツのコーディネートはシンプルですが、さまざまな恰好に応用できる基本スタイルです。ビジネスの場ではあまり華美な服装は好まれない場合が多いため、カーディガン×シャツはビジカジ女子が着やすい定番コーディネートと言っても良いでしょう。

ビジカジはホワイトやブラック、ベージュや紺などの落ち着いた色合いをメインとするため、コーデがマンネリしそう…と思う人もいるかもしれませんが、落ち着いた色同士でも組み合わせ方によってはガラッと印象が変わるんです。

例えば、ホワイトのシャツをベースにしてカーディガンだけ色を変えると、日替わりでコーディネートが可能。反対に、カーディガンは1色で着回し、その日によってシャツの色を変えてみるのも良いでしょう。

同じタイプのシャツやカーディガンを色違いで購入しあらかじめ組み合わせを決めておけば、忙しい朝でもクローゼット前で慌てることもありません。また、カーディガンは肌寒いときにもサッと羽織れるため、ワードローブに1枚加えると重宝しますよ。

忘れてはいけないのが、シャツにアイロンをかけること。オフィスでは上司ウケも大切ですが、清潔感があることが一番重要です。シワなどはアイロンがけをして、きちんと伸ばしておきましょうね。

参考: JUN GROUP ONLINE STORE

カットソーはオンオフどちらも使える!


画像: JUN GROUP ONLINE STORE

カットソーは上に合わせるものによって印象が変わるため、1枚持っているとオン・オフどちらでも着ることが可能な、ビジカジ女子におすすめのアイテム。デザインによってはオフィスだけでなくプライベートでも使えるものも多いです。

襟なし・襟ありなど、さまざまなデザインがありますが、ビジカジにおすすめなのはより大人っぽく見える、襟なしのカットソー。鎖骨のラインが見えるため、着ると女性らしい雰囲気が出せて一気におしゃれさがアップします。

また、カットソーは色や柄の種類が豊富なのもうれしいポイント。白色だけでなく、白地に薄くグレーストライプの入ったものなど、オフィスでも浮かない柄入りのものも多数あります。無地に飽きたら、シンプルな柄物を選んでも良いでしょう。

カットソーは暑い時期は1枚で、社外に行くときには上にジャケットやカーディガンを合わせるなど、たくさんのバリエーションがあります。スーツにも合うので、ぜひコーディネートしてみてください。

選ぶ際に注意する点は、胸元のラインと素材感。胸元が大きく開いたものや、かがんだときに胸元が見えやすいものは、ビジネスの場には不向きです。また、スウェット生地や薄すぎる生地もビジカジには向いていないでしょう。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

参考: JUN GROUP ONLINE STORE

ポロシャツは実はビジカジに向いている!


画像: JUN GROUP ONLINE STORE

男性が着るイメージが強いポロシャツですが、女性が着るのももちろんアリです!「ポロシャツだとスポーティーすぎるのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、ビジカジのカジュアルダウンアイテムとして、実は向いているんですよ。

襟つきシャツをポロシャツにチェンジするだけで、元気で健康的に見えます。伸縮性のある素材で動きやすいので、仕事中に体を動かして作業をすることがある方などは1枚持っておくと便利でしょう。また、パンツスタイルにも合わせやすく、スマートに見えます。

選ぶときの注意点は、柄やカラー。柄もののポロシャツは、ビジカジでは避けたほうが無難です。ホワイトをメインに、パステルピンクや薄いイエローなど、女性らしい色合いを重視して選ぶと良いでしょう。また、着るときにボタンを開けすぎないこともポイントです。

ポロシャツには速乾性のある素材が使われていることが多く、夏など暑い時期のビジカジには特に重宝します。快適に過ごしたいときにもポロシャツはおすすめです。

参考: JUN GROUP ONLINE STORE

まとめ

TPOに合わせた服装というのはそれぞれのセンスに判断を委ねる割合が多く、調整やコーディネートが難しいですよね。「オフィスでの服装」ということや「カジュアルダウンしすぎないこと」をポイントとして頭に入れておけば、失敗することも少ないでしょう。コツをつかんだビジカジコーデなら、上司や同僚から高評価を得られるかもしれません!

nino

加工食品業界新聞や出版社の編集・ライター、サービス業、などを経験し、現在はフリーランスにて、さまざまなジャンルで活動している1男1女を持つママライター。 愛...

プロフィール