収入の多い人は多くもらえる? 意外と知らない年金と収入の関係

年金・社会保険

20~30代の皆さんにとって年金は、まだまだ先のこと思いがちです。
しかし、「老後資金が2,000万円不足する」という金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループの報告書のニュースを聞いて、老後に不安を感じる人が増えてきました。
老後の年金は多ければ多いほど安心ですが、実際のところ、収入が多ければたくさん受け取ることができるのでしょうか。
今回は年金額の決まり方や多く受け取るための方法についてお話します。

老後の年金額の決まり方

公的年金のしくみは「2階建て」と言われています。
1階部分は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する、国民年金(基礎年金)です。1カ月あたりの保険料は、1万6,410円となっています(2019年度)。

学生・自営業・フリーランスなどの人は、1階部分だけの加入ですが、会社員・公務員は2階部分の厚生年金が上乗せになります。
厚生年金に加入していると、1階の国民年金、2階の厚生年金を合わせた保険料を納めることになります。つまり、厚生年金の加入者は、国民年金の加入者よりも多く保険料を納めることになり、その分受け取る年金も多くなります。
参照:日本年金機構「国民年金保険料」 https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html

それではより多くの収入を得ている人は、年収に比例して年金も多くもらえるのかについて確認してみましょう。

NEXT:「収入が多ければ年金も多い?」

舟本 美子

「大事なお金の価値観を見つけるサポーター」 会計事務所で10年、保険代理店や外資系の保険会社で営業職として14年働いたのち、FPとして独立。 あなたに合った...

プロフィール