20代女性の貯金額ってどれくらい? 平均貯金額と貯蓄の必要性について

貯金・家計

いざという時のために、またより良い未来のために、日頃から貯めておきたいのが貯金。お金が人生の全てではありませんが、生活に絶対必要ですし、ないとやっぱり不安になってしまいますよね?
今回は、20代女性の平均収入と貯金額から考える、貯金の必要性をご紹介します。

20代女性の平均給与ってどれくらい?

貯金を考える前に、まず知っておきたいのが20代女性の給与事情です。
20代女性の平均年収は約287万円ほどとなっており、20代前半なら249万円、20代後半なら326万円ほどの数字となっています。
年収200万~250万円あたりに収まる女性が多いようですが、この収入の中から貯金に回すとなると、なかなか難しいという方もいるのではないでしょうか?
また、この統計で30代以降の平均年収を見てみると60歳前まで30年間ずっと298万円から322万円と300万円前後を推移しており、男性と違い年収が年齢とともにアップしにくい結果になっています。
ですから、給与が上がりにくい女性は20代のうちから貯蓄習慣を身に着けておく必要があるといえます。

人によって環境は異なりますが、たとえば東京都内で働く20代独身女性(一人暮らし)と仮定した場合、住居費が収入のかなりの割合を占めるうえ物価も高いため、生活するための支出でかなり苦しい状況となるのは当然です。貯金する・しないということを考える前に、貯金に回すお金がほとんどないという方も多いのが現状です。
※国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査

NEXT:「20代の平均貯金額は?」

稲村 優貴子

ファイナンシャルプランナー(CFP?)、心理カウンセラー、ジュニア野菜ソムリエ 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事