20代女性の貯金額ってどれくらい? 平均貯金額と貯蓄の必要性について

簡単にできる! だから続く! 三日坊主にならない家計簿のつけ方
貯金・家計

いざという時のために、またより良い未来のために、日頃から貯めておきたいのが貯金。お金が人生の全てではありませんが、生活に必絶対必要な要素であり、ないとやっぱり不安になってしまいますよね?今回は、そんな貯金の必要性、20代独身の女性の平均貯金額についてご紹介します。

20代女性の平均給与ってどれくらい?

貯金を考える前に、まず知っておきたいのが20代女性の給与事情です。20代女性の平均年収は約250万円前後となっており、20代前半なら230万円ほど、20代後半なら290万円ほどの数字となっています。年収200万~250万円あたりに収まる女性が多いようですが、この収入のなかから貯金に回すとなると、なかなか難しいという方もいるのではないでしょうか?

人によって環境は異なりますが、たとえば東京都内で一人暮らしをしつつ働く20代独身女性と仮定した場合、住居費を含めた生活費だけでもかなり苦しい状況となるはずです。貯金する、しないということを考える前に、貯金に回すお金がほとんどない、という方も今は多いのです。

その貯金はなんのための貯金?

貯金するお金がない、というケースはままありますが、それでも将来のことを見据えて少しずつでも貯蓄しておくことは大切です。もっとも、それは貴女がどのような将来設計をしているのか、という意識的な部分とも関わりがあります。結婚資金として貯蓄するのか、結婚後の生活を考えた貯蓄なのか、また身体的に何かが起きた時のための保険としてなのか?

ただ漫然と貯金をする、と考えても、なかなかお金は貯まりません。なので、まずはその貯金がどんな事態を想定した貯金なのかを明確に意識し、積極的にお金を工面することで貯金額は増えるはずです。もちろん、結果的に別の用途に使うことはあるかもしれませんが、「目標を定めて貯金を積み上げた」という結果が何よりも大事になります。

20代独身女性の平均貯金額

20代の独身女性の実に8割以上が貯金をしている、というデータがありますが、1ヶ月あたりの貯金額は2万円~5万円程度が最多です。20代独身女性の平均貯金額は100万~200万円の方が最も多く、貯金額が50万~200万円程度に収まる方は全体の約50%となっています。また、500万円以上を貯金している方は全体の15%程度にとどまっており、かなり稀な存在と言えます。

年収の項目でも記しましたが、現実的に考えて20代女性が貯金を積み上げるのはかなり困難です。実家暮らしの方はまだ経済的に余裕があり、貯金に回せるお金もあるかもしれませんが、これが一人暮らしとなると貯金額は大きく減少します。貯金を増やすための最高の節約術とは、実家暮らしをして無駄遣いをしない、ということかもしれませんね。

全く貯金をしていない、という20代女性はほとんどいないようですが、1ヶ月あたりの貯金額は環境によって大きな差が出るようです。ただ、収入がそれほどなくても貯金は意識すれば必ずできるもの。貯金意識を持ち、これを機に生活スタイルを一度考え直すのも1つの手かもしれませんね。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事