紫外線対策はコスパで選ぶ みんながやってる方法は?

貯金・家計

晴れた日が続くと女性が気になるのはズバリ、紫外線。
紫外線はお肌の敵。紫外線対策は重要です。紫外線対策に努力をしている方も多いでしょう。

アイスタイル株式会社がおこなった「女性の紫外線対策に関するアンケート」によると、83.8%の人がなんらかの紫外線対策をしていると回答しています。
今回はアンケート結果をもとに、どんな紫外線対策をしているのか見ていきましょう。

—————————————————
調査概要…「女性の紫外線対策に関するアンケート」
調査日…2019年4月3日(水) ~ 2019年4月4日(木)
調査方法…インターネット調査
調査人数…1.113人
調査対象…全国20代〜50代の女性
—————————————————

■紫外線対策をしている理由はシミ・そばかす予防が6割

紫外線対策をすると回答した女性は83.8%でしたが、理由を聞いてみると、『シミ・そばかす予防(62.1%)』『白い肌を保つため(20.9%)』『シワの予防(7.4%)』『皮膚が痛くならないように(5.6%)』『皮膚がん予防(2.6%)』といった意見が挙げられました。

さて、どのような紫外線対策をしているかですが、アンケートによると、「日焼け止めを塗る」92.3%、「日傘をさす」62.1%、「帽子を被る」50.9%、「UVカット効果のある基礎化粧品を使う」48.1%という結果でした。やはり、ほとんどの方が日焼け止めを塗っていることがわかります。
しかし、日焼け止めは種類がたくさんあって迷ってしまうという方も多いでしょう。値段・効果など何を重要視すればいいのでしょうか?

■紫外線対策はコスパで選ぶ

女性にとって紫外線対策はとても大切です。紫外線は、シミやシワなど肌の老化につながるからです。しかし、紫外線対策にそこまでお金を使いたくない方もいるでしょう。
アンケートによると、日焼け止め選びで重要視するのは、「効果の高さ」71.7%、「使いやすさ」67.4%、「価格」54.7%という結果でした。価格が安くて効果が高いものが人気を集めているようです。

それでは、日焼け止めは何を基準に選べばいいのでしょうか?
日焼け止めを購入するときは、商品に書かれている「SPF」や「PA」を確認します。夏の暑い日に長い時間外にいるときは、「SPF50+」「PA++++」近くのスーパーまで買い物に行くときや、軽めのウォーキングをするときは、「SPF30」「PA+++」を選びます。短い時間ならこれくらいのランクで充分です。これらの表示を確認した上で、購入しましょう。

また、日焼け止めは一度だけ塗ればいいのではありません。日焼けを予防するためには、2~3時間起きに塗っておかないと効果は持続できないといわれています。また、汗をかくと日焼け止めはとれてしまうため、その都度塗り直すことが必要です。

■紫外線対策をしないと経済的損失?!

紫外線対策をしなかったことを後悔している方はいませんか?
日焼けをしてしまったせいで、シミやシワが気になっている、普段着ている洋服が似合わなくなった方もいるでしょう。

皮膚科で治療を受けるために何度も通ったり、新しく服を購入せざるをえなくなったりしたため、家計に大きな経済的損失を与えてしまった方もいるかもしれません。しかし、一度シミやシワができてしまうと、自分ではどれだけ努力しても元に戻すのは難しいのです。

■まとめ

紫外線対策を怠ってしまうと、皮膚に大きな爪痕を残します。そして、その後の経済的損失も大きいのが実情です。
一番重要なのは、日焼け止めを何度も塗り直すことです。少しの時間なら大丈夫だろうという考えはとても危険です。曇っている日でも、日焼け止めは必ず塗ってから出かけるようにしましょう。

多田有紀

漢方・薬膳ライター 医療機関・調剤薬局に医療事務として勤務中に、体調を崩したことがきっかけで漢方の魅力に引き込まれる。その後、漢方スクールに通い、日本漢方養...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事