不動産投資型クラウドファンディング「72CROWD.」始動!仕組みやメリットとは?

不動産投資型クラウドファンディング「72CROWD.」始動!仕組みやメリットとは?
マネーケア

「不動産投資に興味はあるけれど、ハードルが高い」と感じている人は多いのではないでしょうか?
そんなイメージを覆し、1口1万円からの少額投資を実現したのが、今回紹介する不動産投資型クラウドファンディング「72CROWD.(ナナニー クラウド)」です。

この記事では、72CROWD.の仕組みやメリットの解説に加えて、マネーリテラシーを向上したい人に向けた体験型メディア「72(ナナニー)」についても紹介しています。お金について学びを深めて、実践へとつなげたい人はぜひご一読ください。

株式会社インヴァランスとは?

マネリーの運営を行う「株式会社インヴァランス」は、不動産の開発から販売、管理に至るまでをワンストップで手がける企業です。
「“ものづくり”と“価値づくり”を通じて、不動産の新たな可能性を創造する」を経営理念に掲げ、これまでにない新しい価値を提供し続けています。

不動産業界で培ってきた経験をもとに、資産運用を初めて行う方のマネーリテラシーの向上にも注力するなど、テクノロジーをかけ合わせた幅広い事業を展開しています。

マネーリテラシーを高める注目の体験型メディア「72(ナナニー)」

人生100年時代といわれる今、資産形成についての学びや実践が多くの注目を集めるようになりました。それに伴い「お金についてきちんと学びたい」「資産運用を初めてみたい」というニーズも急増しています。

そこで株式会社インヴァランスでは、これまで不動産事業で培ってきた経験をもとに体験型メディアである「72(ナナニー)」の提供をスタートしました。
72では資産形成に関するさまざまな学びと実践の場を提供しながら、誰もが安心して不動産投資を始められるサポートを行っています。

YouTubeで楽しく学べる「72CHANNEL」、自分のペースで学べるビデオレッスンの「72SCHOOL」、プロに相談しながら学びを深める「72SALON」など、ライフスタイルに合わせた学習を好きなときに始められます。

1口1万円から!不動産投資型クラウドファンディング「72CROWD.」始動

投資経験が豊富な方でも、不動産による資産運用は「ハードルが高い」と考える人も少なくありません。
そこで始動したのが、不動産投資型クラウドファンディング「72CROWD.」です。

1口1万円と少額から不動産投資をスタートでき、これまで高いハードルとなっていた初期費用や賃貸管理の手間なく投資不動産が所有できます。
こうした不動産投資型クラウドファンディングは、今業界でも注目を集める新たな資産運用システムです。

「72CROWD.」の6つのメリット

特定の不動産を特定の期間だけ共同所有し、利益をシェアしていく投資方法である不動産投資型クラウドファンディング。
さらに72CROWD.では、不動産業界で長年培った経験を生かしたインヴァランスならではの6つのメリットがあります。

5%の高い想定利回り

72CROWD.では、5%という高い数値の想定利回りを設定して運用を行っています。
近年は大手銀行の定期預金の年率が約0.002%、国債でも約0.1%であることと比較しても、高い利回りであるといえるでしょう。

1口1万円からの少額投資が可能

選ぶファンドによって変動はありますが、72CROWD.では最低出資金額を1口1万円から設定しています。
これは、インヴァランスが特定した不動産を、複数の投資家が共同所有することで実現している仕組みです。

不動産投資で高いハードルとなりやすい初期投資がかからず、賃貸管理の手間もないため、投資を継続しやすいことも特徴です。
初めて不動産投資をする方でも、リスクを押さえながら安心して運用をスタートしやすいでしょう。

出資者の安全性を高める仕組みを採用

72CROWD.では、各投資家が出資した原本を守る仕組みを採用して安全性を高めています。
たとえば、現物不動産の運用による利益や配当利回りに至るまで、投資家に優先的に分配される仕組みもその1つです。

また投資の一部をインヴァランスがパートナーとして出資しており、もし損失が発生したときには同社出資分までの負担が保障されているため、可能な限り出資者の元本が守られています。
こうした「優先劣後構造」の採用が、72CROWD.の安全性を支えています。

95%以上の高い入居率

インヴァランスは首都圏を中心に、数多くの不動産開発の実績をもつ企業です。
開発した物件は、東京23区内で駅近など好立地にこだわったものとなっています。

立地を第一に考えながら不動産投資を行う姿勢は、賃貸管理部門での2021年6月現在96.15%という入居率の高さにもつながっています。
こうした入居率の高さは、安定運用を実現できる基盤であるといえるでしょう。

多数の実績あり!信頼性の高さ

信頼性の高さでは、東証一部上場の大東建託株式会社が親会社であることも安心できるポイントです。
またインヴァランスは2004年の創業以降、長年にわたり不動産に関するワンストップサービスを提供し続け、多くの不動産投資家から支持を集めています。

こうした多数の実績と経験は72CROWD.でも生かされているため、不動産投資経験者の方はもちろん、初心者でも安心して運用できる環境が整っているでしょう。

プロが厳選した対象物件

72CROWD.の対象物件には、インヴァランスが長年培ってきたさまざまな情報網を駆使した最適な物件が選ばれています。
所在地や収益性、マーケティング情報など多角的な情報からプロが厳選していることも特徴です。

現在公開されているファンドには都内の築浅・好立地物件です。
2017年にはグッドデザイン賞を受賞した物件で、室内はIoTを利用したスマートホームを実現するなど付加価値が高いことも魅力といえるでしょう。

72CROWD.を利用して気軽に不動産投資をスタートしてみよう!

これからの時代、マネーリテラシーの向上は欠かせません。自分が望むライフプランを実現していくためにも、お金について学びを深めて実践してくことが大切です。そんなサポートとして活用できるのが今回紹介した72や72CROWD.です。

とくに72CROWD.は1口1万円からと少額での投資が可能で、不動産投資のハードルがグッと下がっています。不動産投資に興味がある方や初期投資などがネックになっていたという方はぜひこの機会に72CROWD.を利用してみてはいかがでしょうか。

mihoco

美容技術者からライターへ転職。ワークライフバランスの良い働き方を模索中です。 資産形成にも興味あり。情報を的確にとらえて分かりやすく伝えていけたらと思ってい...

プロフィール

監修者: 千見寺 拓実

株式会社インヴァランス 1994年生まれ。静岡大学卒業。2017年に株式会社インヴァランスに入社。 3級ファイナンシャルプランニング技能士

プロフィール

関連記事一覧