費用を抑えよう!安い引っ越し見積もりを出すための方法と注意点

貯金・家計

新生活に伴い、マンションやアパートの契約で数十万円使ったと思えば、次は引っ越し費用がかかります。できるかぎり安く抑えたいですよね。ここでは、引っ越し費用を安くするための方法や注意点について紹介します。

引っ越し見積もりの早割とは?

引っ越しの早割ではなく、引っ越し見積もりの早割というサービスがあります。多くの引っ越し会社が行っているサービスでもあり、業者によって10〜30%程度安くしてくれます。不動産の契約だけでも多額のお金が必要になりますので、引っ越し費用は極力安く抑えたいものです。早割サービスを活用すれば、お得に引っ越しできます。早割サービスを提供している業者の多くが、1ヶ月以上前の契約を条件としていることがほとんどです。業者としては、早めにお客さんを確保できる代わりに料金を下げるというものです。早めの契約にはなりますが、数万円下がる可能性もありますので、日程が決まっている方は利用するに越したことはありません。

引っ越し見積もりを交渉で値切るコツ

引っ越しの見積もり費用を少しでも抑えたい場合は、「安くしてください」と頼んでも効果は薄いです。必ず2〜3社は相見積もりを取りましょう。その際に第一希望の業者には最後に見積もりをもらうようにしましょう。「他のA社では●●円、B社では△△円だったのですが、もっと安くできませんか?」というように、他社の見積もり費用を提示して交渉することで、値切れる可能性が上がります。忙しくて人気の業者は難しい可能性もありますが、仕事が欲しい業者は安くしてでも請け負ってくれます。

割高になることも?電話見積もりの注意点

電話で引っ越し見積もりができる業者はたくさんあります。電話で引っ越し見積もりをする場合は、荷物の量や寸法などを伝えなければなりません。そのうえで見積もりを出してくれます。電話で伝えた荷物の量と実際が違ったりすると、引っ越し当日に料金が上乗せされます。場合によっては通常時よりも割高になりますので、十分に注意しましょう。少しでも安くしたい引っ越し費用が、ちょっとしたミスや意図で高くなってはもったいないです。また正確な見積もりがわからずに引っ越しするのは危険ですので、注意しましょう。

まとめ

引っ越し費用もやり方によっては安く抑えることが可能です。少しでも安く抑えて、他のことにお金を使いましょう。引っ越しの予定がある方は、早割や交渉など、ぜひ検討してみてください。