上手に使おう!引っ越しで単身パックを利用するメリットと注意点

貯金・家計

一人分の荷物で引っ越しする場合、単身パックを利用していますか。制限はあるものの引っ越しを大幅に安く抑えられます。賃貸の契約で大きな費用がかかりますので、引っ越し費用はなるべく安くしたいですよね、ここでは、単身パックのメリットや注意点について紹介します。

単身パックを利用するメリット

引っ越しの際に単身パックを利用する一番のメリットは引っ越し費用が安いことです。通常の引っ越し料金の半額程度まで安くなることも少なくありません。仕事やプライベートの理由で急に引っ越しが必要になった場合など、極力引っ越し費用にお金をかけたくないものですが、単身パックを利用すれば、少しでも引っ越し料金を安く抑えられます。一人暮らしの引っ越しや単身赴任の場合は、単身パックを利用することを覚えておきましょう。

単身パック利用時の注意点

単身パックは引っ越し費用が安いメリットがありますが、注意点もあります。注意点とは荷物量が決まっていることです。一般的に冷蔵庫(2ドア)、洗濯機(4kg)、テレビ(20インチ)、電子レンジ、衣装ケース2〜3個、ダンボール箱約10個、布団袋1袋などです。引っ越し業者によって単身パックの荷物量は異なりますが、荷物量が業者規定を超える場合は、追加料金が発生してしまい高くなってしまいます。そのため、荷物量が多い場合は、単身パックの引っ越し費用が安いというメリットを感じられません。そうなると、家具などは現地調達した方が安い場合もあります。二人で住んでいて荷物が多い場合や、他人よりも家具家電などが多い場合は注意が必要です。荷物を確認する際に業者の単身パックの荷物量の制限内か確認しましょう。

単身パックで当日引っ越しができる業者

仕事の都合で、急遽当日引っ越しをしなければならない場合や、ストーカー被害などで急いで別の家へ引っ越しをしたい場合、近くの恋人の家で同棲する場合など、業者によっては単身パックで当日引っ越しができます。大手引っ越し業者の「日本通運」では、移動距離が車で30分前後などの条件はありますが、作業開始から4時間程度で引っ越し作業が完了します。急な引っ越しでも安い料金で利用でき、単身の方で近くに引っ越しする方におすすめです。

まとめ

荷物量にもよりますが、単身パックを上手く活用すれば引っ越し費用を安く抑えることが可能です。少しでも安く抑えて、生活費や新しい家具や雑貨、貯金など、他のことにお金を使いましょう。

関連記事一覧