家計の固定費を節約するには?やりくり上手になる方法

貯金・家計

家計は大きく分けると、固定費と変動費があります。変動費は食費など毎月変化するもの、固定費は家賃などの毎月決まった額の費用のこと。家計を節約するためには変動費だけでなく、固定費にも視点を当てましょう。やりくり上手になるために、固定費の節約方法をご紹介します。

電話代やインターネットなどの通信費

一家に一台の固定電話だった時代から、一人一台の携帯電話・スマホが当たり前の時代となりました。そうなると、家計で大きな割合を占めるのが通信費です。固定電話代に加え、携帯電話代にインターネット代を合わせると、数万円かかっているという方も多いのではないでしょうか。そんな通信費を見直し、賢く節約しましょう。
具体的には、会社の統一や乗り換えです。固定電話・携帯電話・インターネットなどの契約先がバラバラなのであれば、事業者を統一することで割引されるサービスがあります。またスマホなら、いわゆる「格安SIM」と呼ばれるサービスに乗り換えることで、毎月の費用を抑えることもできます。「通信費が高い」とお悩みの方は、是非一度この辺りを確認してみてはいかがでしょうか。

意外と放置している人が多い保険料

放置されがちな固定費として、保険料があります。保険契約は、あまり知識のない時に「とりあえず入っておくか」という感覚で入ったままだという方も多いのではないでしょうか。保険プランやサービスはどんどん新しいものも増えていますから、見直すことでよりお得なサービスが見つかる可能性もあります。最近ではテレビCMなどで、保険の見直しを専門で取り扱う事業者を見かけますね。毎月当たり前のように払っている保険料ですが、整理してみたら大幅に節約できたという方も多いので、まだ手を付けていない方は是非加入している保険のプランなどを確認してみてください。相談するだけなら無料のところも多いので、生命保険や自動車保険などの料金が高いと感じている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

固定費の代表格!高い家賃は見直せる?

家計に締める割合がかなり高い固定費と言えば、やはり家賃です。そんな家賃を節約する手段として手っ取り早いのは引っ越しですね。購入した家の住宅ローンであれば難しいですが、一人暮らしで賃貸物件に住んでいる方なら引っ越しも視野に入れましょう。探してみれば、意外と近くに安くて条件の良い物件があるかもしれません。
引っ越し以外の方法としては、家賃交渉という手段も存在します。通常、家賃交渉は契約時に行いますが、契約途中でも可能と言えば可能です。家主に「家賃が高いので引っ越しを考えている」と引っ越しを匂わせたことで、家賃交渉が成功したという例もあります。契約更新などの際に家主と話す機会があれば、試してみても良いかもしれません。

まとめ

固定費は動かせない費用だと思い込んでいませんか?少し面倒ですが、固定費も節約することが可能です。毎月決まった費用だからこそ、節約できると家計への影響も大きいので、是非見直してみてください。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事