東京オリンピック後の経済予想 2020年以降、東京はどうなる?

マネーケア

オリンピックは良い経済刺激効果を期待できる一方、「始まるまでは景気は良く、終了後は不況へ」との見方をする人も多くいます。
2020年の開催国、日本のオリンピックが経済に与える効果を考えるため、過去の例を確認してみます。

1964年の東京オリンピック後の経済

まずは54年前に開催された東京オリンピックの開催前、開催年、開催後の経済成長率から、日本経済へのオリンピックの影響をみてみましょう。
下の表は前回の東京オリンピック前後と開催年の経済成長率を並べたものです。
経済成長率とは、その国の経済の規模が1年間でどれくらい拡大したかを表したものです。

経済成長率は世界銀行が公表しているものですが、1960年以前のデータが確認できないため、3年前からの表示となっています。

実質GDP成長率


出典:世界銀行

前回の東京オリンピック時の経済成長率は、開催3年前は10%を超えています。まさにオリンピック開催に向けてスタジアムや各種競技場の新設、インフラ整備の建設ラッシュといった具合に、多くの工事が進められていた時期です。オリンピックに関連した投資の増加による伸びとみていいでしょう。開催した年も大きく成長していたのがわかります。ですが、その反動に1年後の経済は落ち込んでいます。

オリンピックの経済効果がなくなったことや企業業績の悪化等が原因といわれていますが、2020年のオリンピックも前回と同じような展開を心配する声は多くあります。

では、過去の他の開催国のオリンピックと経済の関係もみてみましょう。

NEXT:「今までの開催国ではどうなっている?」

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Mone...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事