悩める女性必見!お金がどんどん減る「衝動買い」を防ぐコツ

貯金・家計

ストレスが溜まっている時やテンションが高いときなど、普段と少しテンションが異なるときには冷静な判断ができず衝動買いをしてしまいがち。最近ではネットショッピングも身近になり、ワンクリックでなんでも購入できるようになったため、余計に衝動買いをしやすい環境が整っています。ですが衝動買いは冷静になったとき後悔しがち。お金もどんどん無くなりますよね。そんな衝動買いを少しでも防ぐ方法をご紹介します。

店頭で衝動買いをしそうになった時

面倒でも必ず試着をする
衝動買いをするときって、目に入って「何となくかわいい」と思ったときだったり「とにかく安いから」ということが多いと感じませんか?そのまま購入してしまうと、家に帰ってみるといらないものだったり、着てみたらイメージと違ったり手足を動かしづらいなどの問題が出てきます。そうなると、いらないものが部屋に増えることになります。そんなことを防ぐためにも試着は欠かさないようにしましょう。

家にある服とのコーディネートを3つ考える
実際に試着してみて問題がなかった場合でも、もうひとつやってほしいことがあります。それは、家にある今持っているものとのコーディネートを考えること。服はそれひとつだけで着ることはなく、トップス、ボトムス、アウターなどのバランスなども重要になってきます。靴やバッグとの組み合わせも大切ですよね。今買おうとしているものが、手持ちのものとうまく組み合わせることができそうかどうか考えてみてください。最低3つくらいコーディネートを考えることができたら、購入しても後悔しないのではないでしょうか。

ネットで衝動買いをしそうになった時

お店とネット往復
ネットショッピングをおこなっているブランドはだいたい実店舗を構えています。そのお店まで足を運んで実際にそのものを見てみましょう。ネットでみたものは、あくまでも画像なので実際と色の感じが違ったり、思っていたサイズ感でないこともよくあります。本気で衝動買いを防ぐには、ネットと店舗を3往復してみてください。その際、店頭で衝動買いをしそうになった時と同じように、試着や手持ちの服とのコーディネートを考えることを必ずしましょう。それでも欲しいと思ったなら、購入しても後悔することがないでしょう。

いかがでしたか

衝動買いはその名の通りその場での勢いで購入するものなので、家に帰って冷静になると「なぜこれを買ったんだろう」と後悔することが多いですよね。それでは満足いく買い物もできないままお金ばかりが無くなってしまいます。衝動買いをしてしまう気持ちもわかりますが、1度冷静になってみましょう。満足度の高い買い物ができるようになるといいですね。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事