第1話:再会/恋する3センチヒール

恋する3センチヒール

一年ぶりに再会した男女が、東京を舞台に繰り広げる”お金”にまつわる恋愛小説。

第1話「再会」

「玲奈さん、お久し振りです」

表参道のA3出口近く。19時過ぎ。
都内有数のオシャレタウンだということだけあって、私の前を沢山の足音が素通りしていった。
そんな中、私の名前を呼んだ声に、携帯電話から視線を上げた。

「久しぶり!なんか、スーツ着ていると俊明くんじゃないみたい」

真新しいスーツに、短めの髪がしっかりとジェルでセットされている。

3年前の学生時代に、アルバイト先のカフェで働いていた姿が脳裏に浮かんでいた。

「今年の4月から、自分も社会人になったんで。もうエプロンつけて、オーダーはとりません」

「ふふっ。そっか、そっか」

「玲奈さんも、すっかりキャリアウーマンって感じですね」

「そう?」

「なんか眩しいっす」

笑うと目が線になって、口元から八重歯が顔を出す。
俊明くんの変わらない笑顔を見て、胸の奥がきゅっと引っ張られたような感覚が微かにした。
ほんの、微かに。

「新社会人の方が、眩しいって。私はもう、フレッシュさには欠けているから」

「いや、けど、玲奈さん輝いていますよ?」

「よーし。今日は奢っちゃおうかなー」

「よっしゃ!」

「こら」

スーツの腕を少し捲り上げて、腕時計の時間を確認する。
ピンクゴールドの輝きが、私を女にした気がした。

「お店予約してあるから、いこっか」

「えっ。お店予約してくれたんですか?」

「スムーズな方が、良いでしょ?」

ピースサインをして、笑って見せた。
学生時代には、調子に乗ってよくやっていたポーズ。
アルコールを摂取していないのに、はしゃいでいる私がいた。

「玲奈さん、変わってないですね」

「そう?」

スーツ姿にときめいた事を隠すように、コツコツと見慣れた表参道の街を歩く。
見慣れない、スーツ姿の後輩と。
少しだけ、いつもの街の光が温かく見えた。

第2話:「乾杯の前に」

みかみ

34,472 views

パグ犬愛好家。 趣味は、投資。夢は、世界を虜にする小説家。

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事