20代・30代必見! 資産を増やす方程式と3つの方法

資産運用

なぜ!?資産がふえないのか? インフレ時代に負けない投資。自分にあった運用方法を紹介します。

資産を増やす方式

贅沢をしているわけでもないし、無駄使いをしているわけでもない。なのに、毎月気づけばお金がなくなっていて、貯めたいと思っていてもなかなかたまらない。何かお金を貯める良い方法はないか?
実は、そんな疑問に答える明快な方程式があったのです!

どうしたら資産がふやせるかについて考えてみましょう。それにはまず、資産というものがどのように形成されるかを知る必要があります。
資産を形成する要素は「収入」と「支出」「資産運用」の3つです。

「収入」はサラリーマンなら給与のことで、「支出」は生活費・居住費など、「資産運用」は残ったお金をどのようにふやすかです。

ですから、資産をふやすための方程式とは、

資産形成=収入-支出+(資産×運用)

となります。
こう見ると実はとても簡単なことなのです。

金融資産と実物資産の違い

さて、資産には大きく二つの種類に分けられます。それは、金融資産実物資産です。
金融資産は現金・有価証券などのことをいいます。

金融資産を持つ場合、多くは紙幣を含め、証券のような紙を所有することになります。一枚の紙にはほとんど価値はありませんが、その証書に表される権利に価値があります。

一方、実物資産とはその名のとおり、物としての形がある資産です。金融資産とは異なり、物そのものに価値があるので、まったく価値がなくなってしまうということはありません。

金融資産・実物資産それぞれに、多くの資産の種類があります。各資産の特徴、メリット・デメリットを考慮し、自分にあった運用方法を選ぶことが大切です。

資産をふやす方程式と3つの方法とは?

サラリーマンが毎月できる投資なら、1.月々少額で継続的にでき2.比較的リスクが低く3.手間がかからない投資が良いでしょう。
それぞれの投資商品について表にまとめてみました。どの運用方法も完璧なものはありません。
まずは、特徴を理解してみましょう。
投資商品比較俵

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女性のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資...

プロフィール