花粉症を軽減できる食材、控えた方がいい食材

投資に興味はあるがリテラシーが低い人はどうするべきか
ライフ

最近、くしゃみ・鼻水が出る・目がかゆくなることが増えたという人はいませんか?
もしかすると、花粉症が始まっているのかもしれません。漢方では、エネルギーが不足すると、外からの邪気(じゃき)が入りやすくなり、免疫力が低下するため花粉症が発症すると考えられています。そのため、花粉症を軽減するためには、普段の食生活で体調を整えることが大切です。
今回は、花粉症を軽減するためにオススメの食材を紹介します。

花粉症の症状は大きく分けて2つに分かれる

花粉症の症状は、「くしゃみや水のような鼻水が止まらないタイプ」と「黄色く粘り気のある鼻水のタイプ」にわかれます。
「くしゃみや水のような鼻水が止まらないタイプ」は身体の冷えと身体に水がたまることで起こります。そのため身体を温めることが大切です。
逆に、「黄色く粘り気のある鼻水のタイプ」は身体に熱がたまることで起こります。そのため、身体の中の余分な熱を取り除くことが大切です。自分の症状に合わせた食材をとっていきましょう。

タイプ別!花粉症を軽減できる食材

花粉症を軽減するための食材をタイプ別に紹介します。

●くしゃみや水のような鼻水が止まらないタイプ
身体を温める食材は、ショウガ・ネギ・くず湯・シナモン・羊肉・鶏肉などです。
・おみそ汁にショウガやネギを入れて食べる
・熱湯にくず粉・ショウガを入れる
おみそ汁やスープに入れると食べやすくなります。
飲み物は甜茶・凍頂ウーロン茶がオススメです。甜茶はドラッグストアでも販売しているので手軽に購入が可能です。

●黄色く粘り気のある鼻水のタイプ
身体の熱を冷ます食材は、大根・レンコン・きゅうり・サニーレタス・豚肉・豆腐などです。
・そのままサラダとして食べる
・大根おろしや豆腐などをスープに入れる
サラダで食べると効果は高くなりますが、寒い時期はレンジなどで温めてから食べるといいでしょう。
飲み物は菊花茶・緑茶がオススメです。菊花茶はお茶の専門店で販売されていますよ。

花粉症の人が控えたほうがいい食材

一方で、花粉症の人が控えたほうがいい食材もあります。
からあげ・天ぷら・ハンバーガーなどの脂っぽいものや、チョコレート・ケーキなどの甘いものは身体の中に水を溜め込みやすくなります。また、「くしゃみや水のような鼻水が止まらないタイプ」の人は、ビール・ジュースなど身体を冷やす飲み物も控えましょう

一方で、唐辛子が入ったキムチ・麻婆豆腐などの辛いものは、身体の中に余分な熱をためるので症状を悪化させてしまいます。特に「黄色く粘り気のある鼻水のタイプ」の人は、辛いものを控えましょう。

まとめ

花粉症を軽減する食材は、その人の症状に合わせることが大切です。「くしゃみや水のような鼻水が止まらないタイプ」の人は身体を温める食材、「黄色く粘り気のある鼻水のタイプ」の人は、身体の熱を冷ます食材を摂っていきましょう。また、同時にその人のタイプに合わせて控えたほうがいい食材にも注意することが大切です。ただし、食事制限によるストレスも免疫力を低下させる原因になります。まずは、できることから始めていきましょう。

参照:
大人女子の薬膳的セルフケア大全
女性のための漢方生活レッスン
自分でできるやさしい漢方2

多田有紀

漢方・薬膳ライター 医療機関・調剤薬局に医療事務として勤務中に、体調を崩したことがきっかけで漢方の魅力に引き込まれる。その後、漢方スクールに通い、日本漢方養...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事