老後は海外移住でのんびり暮らす! おすすめの国3選

老後

老後は海外に移住して年金生活をしてみたいと思う人もいるのではないでしょうか。いくつかの国では、移住や長期滞在ができる退職者向けビザ(リタイアメントビザ)を発行して、外国人シニアを受け入れているので、その夢がかなえられるかもしれません。ここでは、ビザが取得しやすくて物価が安い、貯金や年金で暮らせる住みやすい国々をご紹介。さらに、海外移住にあたって知っておきたいビザの取り方などについてもチェックしましょう。

フィリピン ― 35歳以上でリタイアメントビザが取得可能

フィリピンはリタイアメントビザ(特別居住退職者ビザ、SRRV)の取得要件がゆるく、移住先として人気の国です。
経済的な要件は、35歳以上50歳未満なら5万米ドル、50歳以上なら2万米ドル(年金収入がある場合は1万米ドル)を政府指定の銀行口座に送金して外貨定期預金にすることです。また360米ドルの年会費がかかります。
※預金を不動産などの投資へ転換できる「SRRVクラシック」の場合。

フィリピンはフィリピン語(またはタガログ語)とならんで英語が公用語のため、英語が通じやすく便利。セブ島やボラカイ島といった有名なビーチリゾートなら、治安も比較的よくて安心して生活できるはずです。「あこがれのビーチリゾートでアーリーリタイアメント生活」という夢が実現できますよ。

タイ ― 50歳以上で取得可能のリタイアメントビザ

タイは海外移住者や海外長期滞在者のなかでも人気が高い国です。
その理由は、人々の親切さと物価の安さ、そして50歳以上なら取得できるリタイアメントビザの条件がゆるいことです。タイの代表的なリタイアメントビザは、1年更新の「ノンイミグラントO-Aビザ」(ロングステイ)。
主な条件は、50歳以上であることと、以下の経済的要件①~③のどれかを満たすことです。

①預金残高80万バーツ以上
②年金収入月額65,000バーツ以上
③年金収入と預金残高を合算して80万バーツ以上

(1タイバーツ=3.53円。2019/9/30時点)

人気の移住先は、便利なバンコク、北部の古都チェンマイ、プーケット島・サムイ島・パタヤといったビーチリゾートなどです。

マレーシア ― 年齢不問の長期滞在ビザあり

マレーシアの「マレーシア・マイ・セカンドホーム」(MM2H)ビザは、年齢不問、10年間有効(更新可)の長期滞在ビザです。MM2Hビザの経済的要件は以下のとおりです。

・50歳未満: 50万リンギット以上の財産証明+月額1万リンギット以上の収入証明
・50歳以上: 35万リンギット以上の財産証明+月額1万リンギット以上の収入証明または年金証明

(1マレーシアリンギット=25.73円。2019/9/30時点)

MM2Hビザの注意点は月収が必要なことです。年金だけで「月額1万リンギット」を満たせそうにない場合は、在職中にMM2Hビザを取得しましょう。

物価が安く自然にめぐまれたマレーシア。人気の移住先には、首都のクアラルンプール、ビーチリゾートでイギリス植民地時代の町並みが残るペナン島、高原リゾートのキャメロンハイランドなどがあります。

移住前に知っておきたい!ビザの取り方や貯めておきたい資金

長期滞在向けビザを取得するには

ビザを取得するためには、移住する国の大使館や領事館などで手続きを行わなければなりません。長期滞在向けのビザの取得には、一般的に以下のような書類が必要になります。

・申請書
・パスポート(有効期限が6ヶ月以上有効なもの)
・履歴書
・金融証明書(預金残高証明書や収入証明書など)
・無犯罪証明書
・健康診断書

このように多くの書類が必要となり、さらに英文で求められることが一般的なため、準備にはある程度時間がかかります。必要書類の準備が不安な場合は、ビザの申請を代行してくれる業者にサポートを依頼するという方法もありますよ。国によって必要書類や要件は異なるので、詳しくは移住する国の大使館や領事館のウェブサイトなどで確認しましょう。

物価が安い国でも注意!リタイアまでに貯めておきたい資金

前述した3か国のように物価の安い国であれば、年金だけで優雅に暮らすことも可能ですが、予想外の出費に備えておくことも必要です。

海外移住で特に注意が必要なのが医療費。海外に移住した場合(日本に住民票を残さない場合)、日本の健康保険には入れません。現地の健康保険に入れる国もあるようですが、日本語の通じる医療機関や日本と同水準の医療サービスを求めるのであれば、自己負担額が大きくなることも。老後は医療費がかさむ可能性も高いため、いざという時のために余裕を持って資金を貯めておきましょう。

また物価が安い国でも、移住する際に今より物価が上昇している可能性があります。特にアジアなどの新興国は日本と比べて物価が不安定なので、将来的な物価上昇も見据えて資金を貯めておくことをおすすめします。

まとめ

「老後は海外に移住」という夢は大金持ちでなくても実現可能です。ここにあげた3か国だけでなく、外国人シニアに長期滞在ビザを発行している国はまだあります。いきなり移住するのではなく、まずは気になる国に数カ月滞在してみると、実際にかかる居住費やその国の文化、生活環境などがわかってよいでしょう。あなたにとって住みやすいお気に入りの国を見つけて、将来あこがれの海外移住をしてみませんか。

Yacco

金融系フリーライター 大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事