老後に備えた貯蓄法!終身保険と個人年金保険どちらがよい?

老後

老後の生活のための貯蓄にどう備えますか?毎年一定の金額を確保するための個人年金保険はよく耳にする貯蓄法。もう一つあるのが、今回紹介する終身保険です。終身保険の特徴や注意点、個人年金保険との違いをご紹介します。

終身保険は自分の死後に活用されるのが主

終身保険は、正確には終身型の死亡保険を指します。被保険者が死亡した時に、ご遺族などに対して支払われるものですね。遺族の生活を補うことに加え、お葬式やお墓に関しての費用補填を目的として契約しているケースもあります。つまりもともとは、被保険者の生前の生活のための貯金ではないのです。

しかしプランによっては年金制度が付いているものがあったり、申し込みやお金を受け取る際の制限が個人年金保険より緩和されていたりといったメリットも存在します。死亡保険としての機能はついでであり、退職後の生活費の確保などを目的として契約する人も少なくありません。

終身保険のメリットは?

個人年金保険と比べた時の、終身保険のメリットを見ていきましょう。まず本人の死亡時に、遺族へ契約した分の金額がきちんと支給される点です。個人年金保険もお金は戻ってきますが、本人が存命中に支払った分だけというケースが多いです。

また本人に対しても、年金として受け取ることができるプランであれば、個人年金保険より合計額が多くなることも。受取方法も年金形式に限らず全部あるいは一部を解約することで、まとまった金額を一度に受け取る例もあります。解約しないで貯蓄を続けておくことも可能なので、支払いが終わってもまだ使わないのであれば貯めたままにしてもいいでしょう。

加入前の審査や中途解約には注意

終身保険は契約者が亡くなった時に支払うものですから、保険会社としては存命の方が良いという側面もあります。そのため、終身保険になると個人年金保険にはない通院歴など病気の経験が審査内容に含まれることもあるのです。

加えて、中途解約をする場合の返金率が低くなってしまうケースもあります。個人年金保険、終身保険どちらも中途解約の際、100%での返金は難しいのですが終身保険はより少ないんですね。契約する以上は満期まで続けることが大前提ですが、万が一にも中途解約の可能性がある方は、個人年金保険にした方が良いかもしれません。子どもの学費、家や車の購入などお金を必要とする機会が多いならば、終身保険とは別の引き出しやすい貯蓄にしておきましょう。

終身保険は自身の老後に支払われるプランを選択すれば、老後の貯蓄として利用できますね。中途解約をする可能性がなければ、終身保険をおすすめします。自分の利用用途に沿って考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事