マネー初心者でもわかる!「つみたてNISA」って何?

投資商品

2018年1月から新たにスタートする「つみたてNISA」。金融庁の肝いりで始まったNISAの新制度で、長期間かけてコツコツ投資ができる仕組みが注目されています。
今回は、マネー初心者でもわかるように、つみたてNISAを紹介します。

つみたてNISAって何?

「つみたてNISA」を利用して対象となる投資商品を購入すると、その売却益や配当金など利益に対して、2018年1月~2037年12月末までの最長20年間税金がかからないという制度です。ただし、いくらでも投資できるということではなく、毎年40万円までしか利用できないという決まりがあります。また、購入の方法が積み立てに限られているところも特徴的です。

つみたてNISAを始めるメリット

一般的に投資をすると売買益や配当金など利益に対し20.315%の税金がかかるところ、つみたてNISAでは税金はゼロ。つまり、枠をすべて使えば最大800万円(40万円×20年間)の投資から受け取る利益に対し税金がかからないという非課税のメリットがあります。

また、毎月決まった日に、決まった金額の投資商品を購入するので、仕事や家事で忙しくても自動的に積み立てできることや、プロに運用を任せることで手間をかけずに投資ができることも魅力です。

対象となる投資商品は、金融庁が厳しい目で選んだ一部の投資商品に限定されています。投資初心者にとって、選びやすさは重要なポイント。公募株式投資信託、ETFのうち法令上の基準を全て満たした商品で、手数料が安いこと、毎月分配型ではないことなど、少額からコツコツ続ける積立投資に適したラインナップが揃っています。

つまり、つみたてNISAは投資の入門編として初心者にも始めやすい制度なのです。

つみたてNISAのデメリットと注意点

つみたてNISAで保有している投資商品が値下がりした後に売却し損失が出たときでも、他の口座(一般口座や特定口座)で保有している金融商品の利益との相殺(損益通算)はできません。つまり、NISAでは利益が出れば非課税のメリットを受けられるのだから、損失が出た場合には税金面で優遇されないデメリットがあるワケです。

注意点としては、つみたてNISAと、すでに運用が始まっているNISAは同時に利用できず、各年どちらか一方の利用に限られること。少額からコツコツと時間をかけて運用する「つみたてNISA」と、短い期間に集中して投資する「NISA」のどちらか一方を選択することになります。ただし、年単位でNISAからつみたてNISA、つみたてNISAからNISAへ変更することは可能です。

おトクにつみたてNISAを活用するには

つみたてNISAは、定期的に一定額の購入を行なうことが原則です。金融機関によっては毎月の他、隔月、6カ月ごとなど、購入するタイミングを選択することができます。積み立てられる最低金額も、金融機関によって異なります。毎月のお給料で積み立てが難しいなら、ボーナスを利用して年に2回購入するのも手でしょう。

もし、年間40万円の積立では物足りないと思われたなら、ご家族を含めた利用を検討されてはどうでしょうか。もっともNISAで購入できる投資商品は元本保証ではありません。貯蓄に回す金額を全て、つみたてNISAに振り分けるのではなく、貯蓄と投資のバランスを上手にとりながら、無理のない範囲で活用してください。

まとめ

NISA制度は、非課税投資上限枠のうち使わなかった枠は翌年に繰り越せない仕組みがあり、その分節税チャンスを逃すことにつながります。気になった時が始め時。すでに10月から専用口座の受付けが始まっているので、まだ投資をしたことがない人は、まずは口座開設だけでも手続きしておくことをオススメします。

辻本 ゆか

230 views

CFP、おふたりさまの暮らしとお金プランナー 企業の会計や大手金融機関での営業など、お金に関する仕事に約30年従事。暮らしにまつわるお金について知識を得るこ...

プロフィール

関連記事一覧