無料アプリstockpoint(ストックポイント)で、自己資金ゼロから株式運用する方法

投資商品

投資に興味はあっても、資金がなければ始められないと誰もが思うでしょう。しかし、無料アプリの「stockpoint(ストックポイント)」を利用すると、自己資金ゼロでも株式運用をすることができます。

今回は、stockpointのサービス紹介をします。

■stockpointを始めるにはメールアドレスがあればOK

スタートするには、まずstockpointのアプリをダウンロードして会員登録をします。会員登録に必要なのは、メールアドレスのみ。名前や生年月日、住所などの入力は不要なところも気軽に始められていいですね。

会員登録が完了したら、提携先のポイントをstockpointに交換します。
提携先のポイントは、「ドットマネー by Ameba」と、「永久不滅ポイント」
現金がなくてもポイントがあれば、ポイントで株式運用ができます。

ドットマネー by Amebaは、無料ブログサービスのアメブロや、アメーバピグを運営しているサイバーエージェントが運営しているポイント交換サイトです。アメブロの利用はもちろん、いろいろなポイントをドットマネーに交換できてまとめることができます。
いろいろなサイトでバラバラに貯まったポイントでも、まとめてポイント運用すれば大きな結果につながるかもしれません。

永久不滅ポイントは、クレジットカードのセゾンカードを使うことで貯まります。水道光熱費などの公共料金や携帯電話代、医療保険の保険料など毎月決まった支払いにクレジットカードを指定しておけば、自動的にポイントが貯まりますね。
そのほかにネットショッピングをする時に、セゾンポイントモールを経由することでも貯められます。

■最大のメリットは、自己資金ゼロからのスタート

一番のメリットは自己資金がまったくのゼロからでも運用できることです。
そして、通常の株式投資であれば証券会社で口座を開設しなければなりませんが、そのような面倒な手続きも不要です。
運用しているポイントは、株価の動きに連動して毎日価値が変わります。株価が値上がりしてポイントが増えたら、元のポイントに戻してお買物に使うこともできますし、本物の株式に交換することもできます。

本物の株式に交換するには、運用しているポイントが、運用先の銘柄株価の1株相当以上になっていることが必要です。
そして、交換する時には、指定の証券会社での口座開設が必要。証券会社はSBI証券とみずほ証券のどちらかを選べます。

また、運用を始める時に、専門的な投資の知識がなくても大丈夫です。
アプリから送られてくるマーケットのニュースや、アプリ内の投資を学ぶコーナーを読むことで、自然と知識が付いてきます。
そして何より実際に投資を経験することで、さまざまな生きた知識を得ることができるでしょう。

■stockpointの注意点

手軽に始められるstockpointですが、注意点もあります。
運用に対する手数料はありませんが、提携ポイントからstockpointへ交換する時や、逆にstockpointから提携ポイントに交換する時のレートが、1:1ではないことに注意しましょう。

ドットマネー→stockpoint
 ドットマネー:stockpoint=1:0.95

Stockpoint→ドットマネー
 Stockpoint:ドットマネー=1:0.98

永久不滅ポイント→stockpoint 
 永久不滅ポイント:stockpoint=1:4

Stockpoint→永久不滅ポイント
 Stockpoint:永久不滅ポイント=5.1:1

また、退会すると、すべてのポイントは失効します。
退会する時は、stockpointを元のポイントに戻すなどの手続きを済ませてからにしましょう。

■まとめ

投資に一歩踏み出せない理由は、主に「損したらいや」、そして「よくわからないから」というものが多いようです。
しかしstockpointでの投資なら、値下がりしてもお金がなくなってしまうわけではありません。そして、経験することで投資のことが少しずつわかってきますので、投資デビューにはちょうどいいサービスといえるのではないでしょうか。
本当の投資へのきっかけとして、ぜひ使ってみたいサービスです。

タケイ 啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。 36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事