年金手帳をなくしてしまったらどうする?! 対処法と再発行の方法

年金・社会保険

年金手帳を探したけれど見つからない。そんな困った事態は、たとえば就職先や転職先の会社から、年金手帳を提出してほしいといわれた場合など、急いでいる時に限って起こってしまいます。
では、そんなときはどうすればいいのでしょうか。
会社への提出期限がせまっていたら焦ってしまうし、もし紛失していて誰かに悪用されたらどうしようと不安になります。
今回は、年金手帳をなくしてしまったときの対処法と再発行の方法をお伝えします。

再発行は郵送または窓口で申請する

年金手帳は、初めて国の年金制度に加入したときに発行され、手帳には氏名・生年月日などに加えて、基礎年金番号が書かれています。
その後、就職して厚生年金になったり、退職して国民年金になったりしても改めて発行されることはありません。1冊の年金手帳を、一生持ち続けることになります。

年金手帳は下の画像のように、発行された時期によって色が違います。また、公務員であった期間しかない人は、右端の「基礎年金番号通知書」のみとなっています。


日本年金機構ホームページ画像(https://www.nenkin.go.jp/service/seidozenpan/yakuwari/20131107.html)より抜粋

もしも、なくしてしまったら、年金手帳の再発行を申請します。
申請する先は、下記の通りです。
・第1号被保険者:住所地の市町村役場
・第2号被保険者:勤務している会社(退職していたら直前に勤めていた会社)の管轄の年金事務所
・第3号被保険者:配偶者が勤めている会社の管轄の年金事務所

▼”被保険者”の種類についてはこちらで確認!

手続きには、「年金手帳再交付申請書」の提出が必要です。申請書はインターネットでもダウンロードでき、記入した申請書は、電子申請、郵送または窓口持参します。
再交付申請書を提出してから自宅に年金手帳が送られてくるまで、1カ月ほどかかる場合もあるので、申請するタイミングで確認しておくといいでしょう。
※千葉市 よくある質問と回答(https://www.city.chiba.jp/faq/hokenfukushi/kenkou/hoken/773.html)

間に合わない時はどうする?

郵送、または窓口で再発行の申請をすると時間がかかるので、指定の期限に間に合わないことも考えられます。
急ぎの場合は直接近くの年金事務所に本人が出向けば、待ち時間はかかりますが即日交付してもらえるので、あきらめずに問い合わせてみましょう。
その時は、本人確認できる免許証などと、印鑑を持参します。基礎年金番号またはマイナンバーを情報として持っていけば作成時間が短縮できます。
※日本年金機構 年金Q&A(https://www.nenkin.go.jp/faq/kirokutorikumi/tokubetsubin/sonota/20150424-07.html)

年金事務所に行く時間が取れないときは、年金手帳の代わりに基礎年金番号だけでも伝える必要がありますが、直前が国民年金だった人なら「国民年金保険料の口座振替額通知書」や「国民年金保険料の納付書、領収書」で基礎年金番号がわかります。
厚生年金だった人は、以前働いていた会社に問い合わせて教えてもらうこともひとつの方法です。
その上で、年金手帳が到着したらすぐに提出しましょう。

紛失を防ぐには

年金手帳を紛失したら何かデメリットはあるのでしょうか。悪用されることはないのでしょうか。
年金手帳がなくても、基礎年金番号で年金加入の記録は管理されています。また年金手帳が誰かの手に渡っていたとしても、手帳だけで本人確認になることも、お金を借りたりすることも、基礎年金番号だけを伝えて年金額を電話で教えてもらうこともできません。
なので、なくても大きな問題が発生することはありません。

けれども手帳が手元にないと、すぐに基礎年金番号が知りたいときは不便だし、再発行にも手間がかかるので、なくさないようにしたいものです。
年金手帳を紛失する原因のひとつに、大事にしすぎることがあります。いつも使うものではないし、紛失してはいけない大切なものだと思い、普段絶対に見ないようなところにしまい込んでしまうからです。
さきほども書いたように、なくしたからといって大きなリスクがあるわけではないので、普段自身がよく見るところに置いておくのがいいでしょう。

まとめ

現在では、基礎年金番号とマイナンバーがつながっているので、基礎年金番号がわからなくても、マイナンバーで年金に関する手続きが可能となりました。とはいえ、マイナンバーを伝えるのがためらわれるときは、年金手帳に書かれている基礎年金番号が必要になります。
年金手帳は、毎年誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」と一緒に、保管しておくことをおススメします。
※日本年金機構 日本年金機構におけるマイナンバーへの対応(https://www.nenkin.go.jp/mynumber/kikoumynumber/1224.html)

小野 みゆき

中高年女性のお金のホームドクター 社会保険労務士・CFP・1級DCプランナー・年金マスター 企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事