いいことばかりじゃない?社会人の語学留学に潜む思わぬリスク

ライフ

国際化がどんどん進んでいる近年では、英語力は必須スキルとなってきています。昇進のためにTOIECのスコアが必要な会社もあり、仕事をしながら英語の勉強に明け暮れているという人も多いのではないでしょうか。そして、本場の英語を学ぶために語学留学を検討している人もいるかと思います。とはいえ、社会人の語学留学はいいことばかりではありません。ここでは、社会人が語学留学することのメリットやリスク、リスク回避法などについてまとめました。

社会人が語学留学をするメリット

仕事を辞めるのは勇気が要ることですが、社会人の語学留学には大きなメリットがあります。まずは、どのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

英語の勉強に集中できる

「英語の勉強は日本にいてもできる」という人はいますが、働きながら仕事で使えるレベルの英語を習得するのは簡単ではありません。しかし、語学留学をすればその期間は英語の勉強だけに集中することができます。
さらに生の英語にも触れることができるため、日本で学ぶよりも大幅な英語力向上が期待できるといえるでしょう。

海外の文化を学べる

国際化が進んでいる社会の中で必要なのは、英語力だけではありません。社内や取引先の外国人と上手にコミュニケーションを取るためには、異文化理解を深めておく必要があります。
語学留学ではいろいろな国からの生徒と友達になることができるため、違う文化背景と人とコミュニケーションを取る術も身に付くのではないでしょうか。

現地で仕事が見つかる可能性も

ほとんどの人は、語学留学後は日本で再就職しようと考えていると思います。しかし、もしかしたら現地で仕事が見つかるかもしれません。このような大きなチャンスに巡り合う可能性があるのも、語学留学ならではだといえるでしょう。

社会人の語学留学のリスク

メリットがたくさんある語学留学ですが、躊躇する人が多いのはやはりリスクがあるためです。語学留学を決めるときには、リスクについてしっかりと把握しておくことが大切だといえるでしょう。

再就職が難しくなる

社会人の語学留学の最大のリスクは、日本での再就職が難しくなるということです。語学留学は学歴とはみなされないため、遊んでいただけだとみなされるケースも少なくありません。「英語力が上がれば就職は問題ない」と考える人もいますが、帰国後になかなか就職が見つからずに悩む人がいるということは念頭に置いておきましょう。

思ったほど英語力が伸びない

英語の習得は、一朝一夕でできることではありません。一念発起して語学留学を決めたものの、帰国時になっても英語力は思ったほど伸びていない…というケースは少なくありません。語学留学をしたにもかかわらず英語力が不十分であれば、帰国した後に再就職に困るのは想像に難くないのではないでしょうか。

逆カルチャーショックになる

他の国に長く住むと、日本に帰ってきた際に逆カルチャーショックになる恐れがあります。以前は当たり前だったはずの日本の風土に上手く馴染むことができず、辛い思いをすることもあるかもしれません。

社会人の語学留学のリスク回避法

語学留学のリスクは、本人の意識次第である程度回避することができます。ここでは、社会人の語学留学のリスク回避法をご紹介します。

必死で英語の習得に励む

「長期間現地に行けば、自然と英語を話せるようになるだろう」と楽観視する人は少なくありません。しかし、英語を習得するために本人の努力が不可欠なのはどこにいても同じです。帰国時までに目標の英語力に到達できるように、全力で英語の習得に励むようにしてください。

帰国後の就職も視野に入れたプランを立てる

語学留学を計画するときには、帰国後の就職についてもしっかり考えるようにしましょう。どのような会社に就職したいのか、どのくらいの英語力を目指すのかなどのビジョンがしっかりしていると帰国後もスムーズに就職しやすく、また現地での生活も充実したものとなりますよ。

まとめ

リスクも多い語学留学ですが、メリットがたくさんあることは紛れもない事実です。ぜひしっかりとキャリアプランを考えたうえで、語学留学のプランを立ててみてはいかがでしょうか。

SUE

大学卒業後、2年間の正社員生活を経てオーストラリアへ。 2019年、会計学の修士号を取得。 現在は、マネー系をはじめとして旅行、美容、語学など幅広いジャンル...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事