年収1,000万円の人と結婚して得る生活レベルとは

貯金・家計

年収が1,000万円ある人と結婚したいと思うのは、いつの時代にも理想のようです。あまり我慢をせず洋服が買えるかもしれない、年に2回ぐらい海外旅行に行けるかもしれないと、夢も膨らみます。
実際、年収1,000万円の家庭って実際どのような生活をしているのでしょうか?
そこで、年収1,000万円の生活を検証してみることにしました。

年収と手取りには差がある

年収1,000万円の会社員で、奥様が専業主婦、子供2人の家庭を見てみましょう。
年収が1,000万円あっても、そこから所得税や住民税がひかれます。さらに厚生年金や健康保険、雇用保険などの保険料もひかれます。人によっては会社での積み立てがあったりするので手取り額は一概にいくらとは言えませんが、おおよそ手取りは700万円から750万円のようです。

そこでボーナスも月割りにして、毎月使えるお金を割り出すと、おおむね60万円になります。
年収1,000万円の人は、所得税の税率も高く、社会保険の保険料負担も高くなるためひかれる額も大きいのです。

NEXT:「年収1,000万円の家計費ってどのくらい?」

廣木 智代

ファイナンシャルプランナー(CFP) 結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事