年収1,000万円の人と結婚して得る生活レベルとは

貯金・家計

年収が1,000万円ある人と結婚したいと思うのは、いつの時代にも理想のようです。
あまり我慢をせず洋服が買えるかもしれない、年に2回ぐらい海外旅行に行けるかもしれないと、夢も膨らみます。
実際、年収1,000万円の家庭って実際どのような生活をしているのでしょうか?
そこで、年収1,000万円の生活を検証してみることにしました。

年収と手取りには差がある

年収1,000万円の会社員で、奥様が専業主婦、子供2人の家庭を見てみましょう。
年収が1,000万円あっても、そこから所得税や住民税がひかれます。さらに厚生年金や健康保険、雇用保険などの保険料もひかれます。人によっては会社での積み立てがあったりするので手取り額は一概にいくらとは言えませんが、おおよそ手取りは700万円から750万円のようです。
そこでボーナスも月割りにして、毎月使えるお金を割り出すと、概ね60万円になります。
年収1,000万円の人は、所得税の税率も高く、社会保険の保険料負担も高くなるためひかれる額も大きいのです。

毎月の基本の家計費ってどのくらい?

では、年収1,000万円ある栃木県のとある家庭の家計をのぞいてみましょう。一般的な年収400万円の家庭の家計も参考に載せました。

まず住居費ですが、持ち家で毎月10万円ほどのローン返済をしています。

自動車保有は必須で、ガソリン代やローン、車検代、税金などを考えると月々5万円ほどのコストがかかります。

食費は自然食にこだわっているのと、休みの日ごとに外食に行くため嵩みます。

水道光熱費は家が広いため、アパートやマンションに比べて高いのです。

通信費に関しては年収でさほど大きく変わることはありません。

日用品や被服費は安価なものも買いますが、こだわりのあるものに関しては少し高くても購入しています。

生命保険は、短期間保障の掛け捨て商品加入のものばかりではなく、老後を見据えた長期間保障の保険や、保障の範囲などを広げ、よりリスクに備えられる充実した保険加入をしています。

続いて、次のページで年収400万円の人と差がつく「小遣い・娯楽費・教育費」の使いみちについて見てみましょう。

NEXT:「年収400万円と差がつく小遣い・娯楽費・教育費の使いみち」

廣木 智代

ファイナンシャルプランナー(CFP) 結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事