ちょっとしたことで家計が潤う!水道代の節約方法まとめ

貯金・家計

電気代やガス代が季節ごとに変化があるのに比べて、1年を通してコンスタントに費用がかかるのが水道代です。いつも使うものだからできれば節約したいですね。ここではちょっとしたことから始められる水道代の節約術についてご紹介します。

お風呂での節水方法

毎日入るお風呂。水の節約につながることがいくつかあります。まずは残り湯を洗濯に使うことです。電動の給水ポンプが家電量販店で格安で購入できますので、それがあるととても便利です。また、家族一緒にお風呂に入るのも効果的です。湯船につかっている人がいることで水嵩が増え、お湯の減りがそれほど気になりません。体を洗う際などに湯船のお湯を使うことも効果的です。他にも、シャワー派の方におすすめしたいのが、節水シャワーヘッドに交換することです。節水シャワーヘッド自体は2,000円ぐらいのものからありますので、試してみてはいかがでしょう?

トイレでの節水方法

生活に欠かせないトイレの使い方もちょっと変えれば節水になります。家でトイレする回数を減らすのも一つの方法。外出先でトイレに行くように意識することで、自宅でのトイレ回数が減ります。また、トイレタンクに水の入ったペットボトルを入れて置くのも効果的です。知らず知らずの間に節水へとつながっています。タンクレスのトイレを使っている方におすすめしたいのが、レバーを「小」で流すこと。昔に比べてトイレの性能も上がっているので、「小」でもしっかり流せるようになっています。

蛇口に節水コマを取りつける

一度つけてしまえば、1年中節水をこころがけることができるのが節水コマです。蛇口に取り付けるだけの部品で、自治体によっては、水道局で無料配布を行っている場合もありますので、ぜひ調べてみましょう。ご自身で購入する場合も、1個100円台と安く、ホームセンターやインターネット通販で購入可能です。ただし、レバー式の蛇口には使えないので注意しましょう。蛇口に一工夫するだけの節水方法で、とり付けさえ完了すれば、他にやることはありません。とても気軽にできるので、ぜひ試してみましょう。

ちょっとした工夫で環境にもお財布にも優しくできる

水道代は、毎日かかるものですから日々の節約が重要になります。今回、ご紹介したものは毎日実践できるものですし、節水コマに関しては、一度設置を行うだけで自動的に節水が可能になります。毎日のちょっとした工夫で、家計や環境配慮につなげてみませんか?

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事