意外と知らない!郵便局の貯金「ゆうちょ」便利な3つのメリット!

貯金・家計

宅配便や郵便などで郵便局を利用することはあっても、ゆうちょ銀行のメリットについてまではあまりよく知らない、という方がいるかもしれませんね。
ゆうちょ銀行で特筆すべきは、同業他社を寄せ付けない圧倒的な店舗数です。なんと、全国で約2万4000の窓口と約2万9800台のATM※1を有しています。
意外と知らない便利なメリットがあるゆうちょ銀行について見ていきましょう。
※1:ゆうちょ銀行「ゆうちょ銀行の特徴」

メリット1:ゆうちょATMなら引き出し手数料が365日いつでも0円

ゆうちょ銀行と他の金融機関の店舗数を比較してみました。


参照:三菱UFJ銀行「会社概要」


参照:みずほ銀行「会社概要」

ゆうちょ銀行はATMだけでも全国に約2万9800台ありますので、国内の旅行中や転居先で急にお金が必要になった時などに活用できますね。

利用可能な時間帯の引き出し手数料は、365日無料※2です。利用時間は設置場所により異なりますが、最も長いところですと平日・土曜日は0:05~23:55までのほぼ24時間。日曜日・祝日は0:05~21:00となっています。
※2:ゆうちょ銀行「ATMご利用時間・料金」

また、ファミリーマートに設置してあるゆうちょ小型ATMの利用時間は、曜日にかかわらず0:05~23:55となっていて、こちらも引き出し手数料は無料です。(第3月曜日は7:00~営業開始。)

一般的に、金融機関のATMで引き出しを行う時にはキャッシュカードが必要ですが、ゆうちょATMではキャッシュカードがなくても、通帳のみでも引き出しが可能です(ただし、ファミリーマートに設置してあるゆうちょATMは不可)。
これで記帳はしっかり行えて、カードと通帳の両方を持ち歩く必要はありません。

ゆうちょ銀行の窓口は、16時まで開いている店舗が多いのが特徴的です。一般的な金融機関は15時で窓口を閉めるところがほとんどですので、窓口での手続きがある場合には、ゆうちょ銀行の営業時間が長いのは助かりますね。

メリット2:便利でおトクなWebサービスがある

「ゆうちょダイレクト」と「ゆうちょダイレクト+(プラス)」は、ゆうちょ銀行のWebサービスです。パソコン、スマホ、携帯電話などがあれば、窓口やATMが閉まっている土日や深夜でもゆうちょ銀行の口座にアクセス可能です。
思い立ったら、インターネットですぐに無料で申し込みができます。

ゆうちょダイレクトの電信振替(ゆうちょ口座間の送金)※3を利用すると、ゆうちょ銀行の口座へ「その瞬間」※4に入金されます。多くの金融機関にありがちな、午後2~3時を過ぎると翌日扱い、などということにはならないので、急ぎの送金がある場合には重宝します。
しかも月5回まで無料なのが魅力的です(6回目以降の振替料金は100円)。
ゆうちょダイレクトを利用せず、ATMから送金を行った場合には1回に付き100円の手数料が発生しますので、ゆうちょダイレクトの方が断然おトクです。
※3:ゆうちょ銀行「電信振替」、※4:ゆうちょ銀行「ゆうちょダイレクトとは」

さらに便利なサービスがあるのが「ゆうちょダイレクト+(プラス)」※5です。
これは通帳を発行しない無通帳型総合口座です。現金の預け入れと払い戻しはATMでキャッシュカードを使って行い、入出金の明細や現在高の照会などはゆうちょダイレクト上で行います。
※5:ゆうちょ銀行「ゆうちょダイレクト+(プラス)について」

入出金の明細は最大15カ月間Webで確認でき、送金結果も再出力できます。
また、24時間いつでも定期貯金の預け入れと払い戻しができるので、まとまった貯金がしたくてもなかなか窓口に行く時間が取れない、という方にも便利ですね。

NEXT:「簡単・便利な”ゆうちょPay”」

小河 由紀子

FPオフィスOgawa 代表・ファイナンシャル・プランナー(CFP®)・終活アドバイザー 独立系FPのためのプラットフォーム会社に所属。 「お金に振り回され...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事