世界のお金を日本円にしてみたら 一番暮らしやすい国はどこ?

貯金・家計

海外旅行は滅多にしない筆者ですが、今年のゴールデンウィークは長期であったこともあり、東南アジアを旅しました。海外旅行をすれば自ずと知らされるのがその国の「物価」です。「日本円にしたら○○円…」と目に留まるモノを換算していると、世界の物価事情が気になりだしました。

今回は世界のお金を日本円に換算して、どの国が暮らしやすいのか、読者の皆さんと考えてみたいと思います。

お金の価値をあらわす「ビッグマック指数」

世界各国で販売されているマクドナルドのビッグマック、この「世界共通の商品」の対価として決められた各国の価格は、必ずしも「同一価値」ではないのです。
本国アメリカのUSドルに換算した場合、本来であれば世界共通レシピのビッグマックは、各国通貨で同一の価値で価格が決定されるべきなのですが、実際には本国のビッグマックより、高い国もあれば安い国もあります。

アメリカと中国を例にしてみてみましょう。USドルと中国元、2国間の為替レートが1:6.4であるときに、ビッグマックの販売価格差が1:4であれば、中国では約38%、割安で販売されていることになります。

出典:The Economist – The Big Mac index

前記の現象はあらゆるモノやサービスにおいて存在しています。ビッグマック指数は「マクドナルドのビッグマック」をターゲットにして、指数化しているもので、メジャーな指数のうちの一つとして認識されています。

次の図は、2019年1月に発表されたビッグマック指数です。


出典:The Economist – The Big Mac index

日本は上位から23番目、本国アメリカと比べて37.5%も「割安」な価格設定である事がわかりますね。14.0%割高なのがスイス、さすが物価が世界一高い国として有名なだけあります。図には掲載しきれませんでしたが、最も割安なのはロシアで、本国と比べて64.5%も割安でした。(2019年7月10日現在)

日本円1,000円で買えるもの 各国比較

物価は一口に「日本の何倍、何分の一」と言っても、各国商品やサービスによっては違いがあるものです。そこで、1000円以内で世界で買えるものを、調べてみました(為替レートは2019年7月現在)。

l アメリカ(約10 USドル)カジュアルレストランの食事代、タバコ1箱、ビール2本
l イギリス(約7ポンド)パブでのビール2パイント弱(1パイントは約550ミリリットル)、チャイニーズ店のランチ1食
l スイス(約9フラン)ペプシコーラ2本、トイレットペーパー10ロール
l スペイン(約8ユーロ)牛乳10L、スイカ1玉+トマト1Kg、地下鉄一日パス券
l 上海(中国)(約64元)牛乳2L、コーラ25缶、タバコ3箱
l タイ(約284バーツ)1日2食分、街のマッサージ2回
l ニュージーランド(約14 NZドル)カフェでコーヒー1杯+サンドイッチ、ボールペン2本
l オーストラリア(約13 AUドル)コーラ3缶、カフェでハンバーガー1つ
l ドバイ(約29 UAEディルハム)チェーン店のコーヒー2杯、ワイン1杯

異なる通貨で取引する「外国為替」とは

2つの異なる通貨を交換することを「外国為替」といいます。当然ですが、日本円のレストランやホテルで、USドルでの支払は受け付けてくれませんよね。その逆もしかりです、アメリカのホテルにて、日本円で支払わせてほしいといっても、断られるでしょう。

そのため、アメリカに行ったら円をUSドルに交換しなくては使えません。
2つの通貨の価値は常に動いています。イメージをすれば、2通貨が綱引きをしているようなものです。通貨を交換するタイミングによって、10単位で良かったり、13単位必要になったり、はたまた8単位で取得できたりするのを、「為替変動」といいます。
「円高」「円安」は、交換する通貨に対して、円の支払が少なくて済む(円高)のか、多く支払う必要がある(円安)のかの表現です。

まとめ

「一番暮らしやすい国」を、物価だけで選ぶのであれば、やはりタイなどの東南アジア圏でしょう。物価の安さは日本のおよそ3分の1と言われています。
対して、ヨーロッパやアメリカは主要都市圏になると物価は非常に高くなりますが、地方都市であれば日本で暮らすのと、大差ないと聞きます。

意外かもしれませんが、オセアニア圏は人件費が高く、観光や留学で行くにはそれなりの資金が必要になります。しかし現地で済んでいる人は、日本と比べて収入そのものが高いので、困る事は無いようです。

皆さんも興味のある国、いつかは移住をしたい国があれば調べてみて、物価から為替へと理解を深めることで、金融リテラシーの向上に役立ててみると良いですよ。

あわせて読みたい!
日本は暮らしやすいの?モノの価格で見える外国との比較
移住するなら選びたい、税金の少ない・かからない国はここ
消費税増税直前、知っておきたい世界の意外な税金
あのブランドはこの国で買うと安く手に入る!全18ブランドをご紹介
憧れの海外移住 その時年金はどうなるの?

参照サイト
・エアトリ「アメリカ旅行で気になる物価!お得に買い物するには?
・エアトリ「タイの物価って本当に安いの? 日本との差を徹底比較
・School With「【徹底比較】イギリスの物価は高い?食費や家賃、留学費用まで都市別の物価も解説します
・ぷらたび「スイスの物価は高い?日本と比較して教えます!【2018年度版】
・急がば回れ!「【2019年版】スペインの物価は意外と高い!安いのは食材費とカフェ代だけ?
・Compathy Maggazine「スペインの物価は安い?高い? 旅の計画作りに役立つスペインの物価事情をスペイン在住筆者が解説!
・EMT VALENCIA「料金とタイトル
・せかいじゅうライフ「上海の物価は高い?生活必需品から光熱費まで71の項目を大公開!
・TRAVEL STAR「ニュージーランドの物価は高い?旅行中の食事や交通費で日本と徹底比較!
・TRAVEL STAR「オーストラリアの物価は高いのか?旅行を安く楽しめる時期や都市を調査!
・All About「ドバイの物価2019 日本より高いもの安いもの
・どこいく「ドバイの通貨はUAEディルハム (AED)。物価は高い?安い?日本と比較

佐々木 愛子

ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅱ種 国内外の保険会社で8年以上営業、証券IFAを経験後、リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事