食費をどうやって節約する? 知って得する生活の知恵!

お金をかけずにキレイになりたい!!節約しながら美しくなれる美容術!!
貯金・家計

人によっては、生活費の中で大きなウェイトを占めるのが日頃の食費。どうにかして食費を切り詰めたい!と考えている方も多いことでしょう。そこで今回は、様々な食費の節約方法についてご紹介!すぐに実践できる節約術で賢くお金を使いましょう。

一人暮らしをする20代女性の平均的食費とは?

人によって生活費における食費の割合はかなり違ってくるものですが、一人暮らしをする20代女性の食費は3万円~4万円前後が平均値となっています。もちろん、自炊を心がける方は食費が抑えられ、外食中心になる方は自然と食費が膨れ上がってしまいますが、金銭面だけでなく健康面を考えた時、やはり自炊の方がなにかとメリットは多いです。とはいいますが、現代では一人暮らしをする女性で自炊する方は減少傾向にあり、やはり外食を中心とした食生活で食費がかさんでしまう方が多くなっています。

料理が苦手でもOK! まずは白米だけでも自宅で炊こう!

先ほど「外食する女性が増えている」と記しましたが、そのような状況下でどうすれば食費を節約できるでしょうか?仕事帰りに料理の献立を考えるやる気も、作る気力もない……という方もいらっしゃると思いますが、何も全てのメニューを作る必要などないのです。全てのメニューを外食で済ませる、出来合いの弁当を買ってきて食べる、となると食費は高くなってしまいますが、例えばご飯だけでも自宅で炊いておけばその分の食費はかなり浮きます。

スーパーやコンビニで買ったおかず、冷凍食品と自宅で炊いたご飯というだけでも普通にお弁当を買うよりは安く上がりますし、さらに家でちょっとした料理を作れば栄養バランスも取れて良い事づくめ!外食で全てを賄う、ではなく、外で売っている商品を賢く利用しつつ、自炊することが節約術への第一歩となるワケですね。

食材を一箇所でまとめ買いするのも良いが……

食費を節約する上で大事なことは、いかに料理に使う食材(または出来合いのおかずや弁当)を安く仕入れるか、この一点にあると言っても過言ではありません。終末に大型スーパーに行って特売品の野菜や肉、魚を一気にまとめ買い、というのも効率から言えば全然アリです。ただでさえ忙しい社会人はお金以上に時間が大事になることもあるので、この選択肢は間違っているとは言えません。

ただし、節約を第一に考えた場合はそれぞれ専門店で買うのがベストな時もあります。例えば、お肉ならば専門の精肉店でまとめて注文できるのが大きいです。値段はスーパーなどとそれほど変わらないこともありますが、このまとめて注文とできるという点、そして肉の品質が一人暮らしの節約術には大事!一人分の料理だけを作ると労力のほうが大きく感じてしまうものですが、ここで食材を大量に仕入れて作り置きをしておけば数日はその料理でOKとなるため、時間の節約にもなるのです。

割引、半額商品を見逃すな!

食費を節約する上で、ある意味では最高の節約術とも言えるのが食事を抜く、ということ。ただ、これは健康面で全くオススメできないため推奨はできません。そこで、狙い目となるのがスーパーなどで割引された商品。食事を抜く努力をするくらいなら、自分の足で割引商品を探すほうが健康面で考えても遥かに良いです。できることなら、その店の商品が割引になる時間帯を完全に把握すれば、時間もお金も節約できて良い事づくめ。賞味期限などが迫った商品もありますから早く食べるか、冷蔵・冷凍保存の仕方も大事になってきますね!

まとめ

自炊はちょっと面倒かもしれませんが、まずは白米だけでも自宅で炊いておかず中心の外食に切り替えれば、目に見えて食費は節約できるはずです。意識を変えて第一歩を踏み出し、節約したお金を有効に使っていきましょう!

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事