電力の自由化を理解して電気代の節約につなげよう!

貯金・家計

2016年4月から電力の自由化が始まりましたが、どのような制度かご存知ですか?お得になると言われているこの制度ですが、手続きはめんどくさそうだし、本当に節約になるのか不安なところ。ここでは電力の自由化についてご紹介します。

電力の自由化とは?

これまでは各地域の決められた電力会社のみと電気の契約を行ってきました。ご自身で選んだ覚えのある方はいらっしゃらないですよね?しかし、2016年4月から法律の改正によって家庭向け電力の小売りが自由化されたのです。さまざまな会社が電力を小売りできるようになりました。さらには、従来の大手電力会社も地域を超えてサービス提供ができるようになったのです。

これまでの電気と変わるの?

従来の電力会社でなくなったため、電力の質の違いや停電リスクが増えるのではないかといった点は不安要素ですが、その心配はありません。電力自由化後も従来の送電網と同じものを使用するため、電力会社による電力の質の差は生じないようになっています。また、災害時の電線の切断等による停電の際も、修理は従来通りの送電会社が行う事になりますので、契約会社ごとに速さが違うといった心配もありません。

お得なプランを利用できるようになる

電力の自由化が始まったことで、会社ごとの価格競争が始まっています。同じ従量電灯でも割引プランを打ち出すといった会社も出てきました。また、他社との差別化をはかるために独自のサービスと連動させた特典などを設ける会社もあります。自社ポイントサービスとの連動や通信系の割引プランなど、サービス内容は多岐に渡ります。まずは、ご自身が普段利用しているサービスと連動させた電力プランがないか、といったようにライフスタイルに合わせた選び方をすることで、電気代の節約につながります。

新電力プラン契約時の注意点

電力会社を変えてお得になりそうな電気の自由化ですが、気をつけておきたいポイントもあります。まずは、契約期間の縛りです。顧客を囲い込むために契約期間を設定している電力会社があります。契約期間外の解約には、違約金が設定されている場合もありますので、加入検討時に確認するようにしましょう。また、間違ったプランを選択してしまうと、かえって電気代が高くなってしまうことがあります。家族構成や生活環境と2~3年などの期間での節約を見越した検討をすることをおすすめします。

節約につながる電力プランは人それぞれ

電力会社ごとに特徴あるサービスやプランがうちだされているので、ぜひ自分にぴったりの電気プランを選びたいですね。インターネットを活用すれば、簡単に情報を見たり、見積もりを算出したりすることができます。いろいろ見比べて納得できるプランを選びましょう。

関連記事一覧