公務員の年金はどうなった? 今さら聞けない公務員の年金事情 どう準備すべき?

年金・社会保険

2015年10月から、公務員の年金制度である共済年金が厚生年金に統合され、厚生年金に一本化されました。
今回はこの一元化によって共済加入者の年金がどのように変更になったかを説明します。
その上で、「人生100年時代」に備えた老後資金の準備として、公務員に適した方法をお伝えしましょう。

年金一元化の目的

共済年金も厚生年金も、同じ国民年金の上乗せ年金ですが、共済年金の方が優遇されており、官民格差として批判がありました。
その格差を解消するため、国家公務員共済年金、地方公務員共済年金、私立学校教職員共済年金が、2015年10月、民間企業の年金制度である厚生年金に一本化されました。

それでは、一本化されたことによってどのような違いが出てきたのか、確認してみましょう。

NEXT:「共済年金と厚生年金の差とは」

小野 みゆき

中高年女性のお金のホームドクター 社会保険労務士・CFP・1級DCプランナー・年金マスター 企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事...

プロフィール