リゾート・高級ホテル・海外旅行が無料?!オトクな情報は要チェック

貯金・家計

旅行するなら、航空券やホテルは比較サイトなどで少しでも安いものを探してオトクに行きたいものです。もし、格安どころか無料で旅行できたら嬉しいですよね。今回は、リゾート・高級ホテル・海外旅行がオトクに旅行できる情報をご紹介します。

■オトクに旅行に行ける方法

オトクに旅行に行く方法は、モニターや懸賞旅行がオススメです。モニターや懸賞旅行に参加することで宿泊費が無料になるかもしれません。旅行を検討する際に、チェックしてみましょう。
モニターを募集しているサイトをご紹介します。(情報は、2019年7月14日現在のもの)

「宿らん」

https://www.yadoran.jp/investigator
宿らんでは、各宿泊施設を公正に評価する調査員(宿らん調査員)を募集しています。ホテル・旅館選びの際に必要な「より役立つ口コミ情報」を集めることを目的としていて、宿らんが指定した宿泊先の中から宿泊先や宿泊日程を自由に決めて予約でき、規定通りに口コミ投稿できれば宿泊ごとに最大5万円(最低でも1万円)の宿泊補助金がもれなく何度でも支払われます。
宿らんに応募し、審査に通れば宿らん調査員になれます。国内旅行を検討する場合は、チェックしてみましょう。宿泊補助金で無料になるかもしれません。

「楽天トラベル」

https://prize.travel.rakuten.co.jp/
サイト内の「懸賞広場」では、国内・海外の無料宿泊券が当たるプレゼントに応募することができます。応募するには楽天の会員(無料)に登録する必要がありますが、国内から海外まで対象エリアが広く、宿泊先ごとに応募でき、ログインしてクリックするだけで手軽に応募できます。
各宿泊先の当選者は1名の賞品が多いのですが、各賞品の応募者数をチェックできるので、確率が高そうな賞品に応募してみてはいかがでしょうか。   

「エース株式会社」

https://www.ace.jp/mariana2019/
エース株式会社では、簡単なクイズに答えて応募する、ハイアットリージェンシーサイパンに泊まるサイパン3泊4日の旅行が、1組2名に当たるプレゼントキャンペーンを実施しています。(キャンペーン期間2019年7月10日~8月31日)
このような、宿泊先だけでなく飛行機代も無料になる旅行プレゼントに応募するのはいかがでしょうか。

■無料にならない費用はどうする?

モニターや宿泊券のプレゼントに当選したら、宿泊費が無料になるだけでも十分オトクに旅行には行けます。
しかし、現地までの交通費など、自費になる費用が発生する可能性はあります。
また、旅行先ではショッピングやグルメ、お土産、見学料やアクティビティ代などのお金もかかります。

旅行先で思う存分楽しむためには、お金のことも考えておかなくてはなりません。
オトクな旅行が見つけられても、その資金を捻出するために生活費が苦しくなるなどということがないよう、旅費は計画的に準備しておくことが大切です。

旅行費用を計画的に貯めるなら、効率的に貯めていきたいものです。
たとえば、旅行代理店の旅行積立を利用すれば、積み立てた旅行代金に、満期時にはサービス額がプラスされておトクに貯められます。
他にも、航空会社の旅行積立や旅行積立アプリなど利用することで、効率的に貯められる上に、他の貯蓄とは別に旅行費用として確実に貯めていくことができます。

ただし、 旅行積立や旅行積立アプリは、基本的に現金による払戻しはできません。積立金額は無理のない範囲で、旅行費用目的の積立として貯めていきましょう。
旅費は旅費としてしっかり貯めておき、実際には旅費がオトクにすんで予算内で収まれば、旅行貯蓄があまることもあります。その場合は次回の旅費にまわせばよいので、多く準備できることにこしたことはありません。

■まとめ

今まで旅費がオトクになるサイトはチェックしていたけれど、モニターや懸賞旅行のサイトはチェックしたことがないという人も少なくないでしょう。
モニターや懸賞旅行のサイトもチェックして、更にオトクに旅行できたら嬉しいですね。

あわせて読みたい!
夏休み海外旅行おすすめランキング!FPオススメの旅行先はココ
旅行資金を貯めるなら、確実でおトクな旅行積立アプリ
免税店は日本出国時と海外 どっちが安いの?
旅行に使う費用の目安は?消費動向をご紹介
荷物パンパンはもう卒業! 旅行にいく時の便利グッズ

今関 倫子

ファイナンシャルプランナー 外資系保険会社勤務中に、AFP資格取得後、独立系FP事務所に転職。ファイナンシャルプランナーとして活動し、女性を中心に年間のべ2...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事