旅行資金を貯めるなら、確実でおトクな旅行積立アプリ

貯金・家計

旅行に行った月はお財布がピンチに、ということはありませんか?
「旅行に行くなら無理なくお金を貯めてから行きたいけど、なかなか計画的に貯められない」という人にオススメなのが旅行積立アプリです。今回は、旅行積立アプリをご紹介します。

旅行積立アプリとは?

旅行を目的とした旅行積立アプリ「TABI CHOKIN」(運営:株式会社ファーストスウェル)は、旅先、目標額、目標日を設定し、自分のペースで無理なくクレジットカードから自動積立できるサービスです。

目標設定した曜日から毎週自動積立ができ、500円、1000円、2000円または500円以上の金額を積立てられます。
積立額は現金で受け取ることはできず、ANA旅行券を1000円単位で受け取ることができます。

旅行積立アプリ「TABI CHOKIN」はApple Storeより無料でダウンロードができます。目標設定後に自動積立の増額減額の変更、停止はいつでもできるので無理なく自分のペースで、旅行積立ができます。

旅行積立アプリのメリット

会員登録料、年会費などの手数料はかからず無料で利用できます。
また、「旅行積立」の最大のメリットは利率の高さです。
一般的に「旅行積立」は、満期になると「サービス額」という言わば利息が支払われます。「TABI CHOKIN」では、現在キャンペーン期間のため、積立5万円毎に2%のANA旅行券が上乗せされます(2018年12月現在)。
銀行に預けても定期預金の利率はおよそ0.01~0.2%(2018年現在)と低金利が続いているので、旅行資金を貯める目的のお金であれば、利率の高い商品に預けた方がお得なのは一目瞭然です。

たとえば、1年後に旅行資金の30万円を目標として積立てたら、2%の6000円分のANA旅行券が上乗せされるという計算になります。旅行に行った時にちょっとした食事が楽しめるくらいの資金がプラスになりますね。
しかも、サービス額は非課税なの丸々受け取れます。税金がかからず、確実に貯められるので、銀行で貯めるより旅行積立がおトクです。

利用する場合の注意点

ANA旅行券の受取は分割受取ができないため、受取申請時に全額受取となります。
発送請求から、届くまで10営業日(年末年始は除く)かかるので、明日利用したいと急に予定をたててもANA旅行券が届かず利用することはできません。
したがって、ANA旅行券を利用する際はあらかじめ旅行の計画を立てて、旅行費の支払いに間に合うようにANA旅行券の受取申請が必要です。

また、旅行資金以外にお金が必要になったとしても、積立額は現金への払戻しや他の金券類との交換はできないので、急に現金が必要となっても旅行以外の用途に利用できないということを理解した上でアプリを利用しましょう。

自動貯金アプリで旅行資金を貯めるのもアリ

旅行積立アプリであれば確実でおトクに貯められるものの、急にお金が必要になった時に払い戻しが旅行券ということが少し不安でなかなか一歩踏み出せないという方は、自動貯金アプリから初めてみるのもアリです。

たとえば、株式会社ネストエッグが提供する「finbee」は日本初の銀行口座と連動した自動貯金サービスです。期日やいくら貯金するかのゴールに合わせて自動貯金ができます。みずほ銀行や住信SBIネット銀行などの連携可能な銀行内に貯金専用の「finbee専用口座」が作られ自動で貯金でき貯まったお金はすぐに使うことができます。

また、家族やカップル、仲間同士で貯金の目的をシェアもでき、一緒に貯金することができるので、家族で「1年後にハワイへ行こう!」目標をたて力を合わせて一緒に貯金するのもいいですね。

まとめ

旅行資金を確実に貯める方法のひとつとして旅行積立アプリを紹介しました。
毎年旅行に行っている人は計画的に旅行資金を貯めるためには確実でおトクな方法で貯めたいものです。
旅行積立アプリ以外でも貯金アプリや旅行会社が行っている旅行積立できるプランを利用するなど確実に旅行積立をして、さらに楽しい旅行にしましょう。

今関 倫子

ファイナンシャルプランナー 外資系保険会社勤務中に、AFP資格取得後、独立系FP事務所に転職。ファイナンシャルプランナーとして活動し、女性を中心に年間のべ2...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事