冬本番前に知っておきたい節約術5選

貯金・家計

11月7日は立冬(りっとう)です。1年を24に分けた二十四節気の19番目にあたり冬の始まりとも言われています。ひと雨ごとに寒くなっていきますが、冬本番前に知っておきたい節約術を5つご紹介しましょう。

冬本番前に知っておきたい節約術(1) 窓に断熱シート

北海道など寒い地方は、住宅の窓が二重になっているのは当たり前ですが、一般的には一枚のガラスの向こうはすぐ外です。寒い外気の影響をダイレクトにうけるので室内はすぐ寒くなってしまいます。その外気の影響を少なくするために「断熱シート」をガラスに張る方法があります。霧吹きで濡らしたガラスにシートを貼るだけなのでとても簡単です。室内温度が2℃前後上がることもあるそうです。

冬本番前に知っておきたい節約術(2) ドアに隙間テープ

すきま風が入ってくると寒く感じるものです。ドアや窓のふちに隙間テープを貼ると寒い外気が入ってくるのを防ぐことができます。スポンジ状のものがついた粘着テープを貼るので、これも簡単にできる方法です。しかし、断熱シートも隙間テープも100円ショップで売っているので安く済みますが、あまりオシャレとは言えないかもしれません。

冬本番前に知っておきたい節約術(3) 首・おなかを温める

寒さ対策には自分の身体の防寒も大切です。女性は腰回りを温めるのがよいそうなので腹巻がおススメです。内蔵を温めることでお通じがよくなる効果もあります。また、首には太い血管があるためここで温められた血液が身体全体を温めてくれます。タートルネックやスヌード、マフラーなどで首周りを温めましょう。

冬本番前に知っておきたい節約術(4) 身体を温める食べ物を摂る

食べ物も身体を温める効果があるものを摂取しましょう。夏に採れるトマトやキュウリは身体を冷やしますので注意しましょう。野菜では、ニンジン、大根、生姜、にんにく、魚介類では牡蠣、鮭、まぐろ、肉類は豚、牛、鳥どれもよいようです。朝起きたら生姜湯、夜は野菜やお肉たっぷりの温かい鍋もいいですね。代謝をあげ、免疫力もあがります。

冬本番前に知っておきたい節約術(5) 色の力を借りる

季節が変わると衣替えしますが、お部屋のカーテンなどを暖かく感じる色合いに替えてみましょう。青など寒色系の色と赤などの暖色系の色の部屋では体感温度が3℃も違うそうです。色の力を借りて節約できるならとても魅力的ですね。

まとめ

まだまだ大丈夫と思っていても、あっという間に冬はやってきます。こたつやエアコンは確かに温かいですが、電気代がかさむのでお財布は寂しく寒い状態になってしまいます。お得にできる冬の準備を知って、懐も温かく保てるようにしておきましょう。

稲村 優貴子

ファイナンシャルプランナー(CFP)、心理カウンセラー 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいと...

プロフィール

関連記事一覧