家計簿はもう不要!めんどくさがりでもできる家計管理術

貯金・家計

家計の管理をする際にはやはり家計簿をつける必要があると思いがち。ですが、めんどくさがりやさんだと、やる気が起きませんよね。そこで今回は、めんどくさがりやさんにオススメの、家計簿を使うことなく家計を管理する方法をご紹介します。

アプリで管理

家計簿をいちいち書くことがめんどくさいという人は、アプリがオススメ。項目と金額を手入力することなく、レシート撮影するだけで文字を読み取って記録してくれるアプリもあります。写真を取った後のレシートは破棄するだけなのでごみが増えませんし、その場でレシートを撮影する習慣をつければ、お店のゴミ箱にレシートを捨てることができるので家に持ち帰る必要もなくなり、財布にたまることも防ぐことができます。
もちろん手打ちをすることもできるので、水1本だけ買ってレシートを断った際などは自分で入力することができます。管理がしやすいので、初めて家計簿をつける方にもオススメですよ。

レシートで支出を管理

家計簿を書くときには、だいたい食費、交際費、光熱費など項目を分けて作成します。ですが、スーパーなどで食品と日用品を一緒に買った際にはいちいち書くのがめんどくさいですよね。そこで、レシートに記載されてある合計金額をどんどん足していく方法をご紹介します。これはどんどん合計金額を足していくことで、トータルの支出がわかるという仕組み。項目ごとに計算することはしないぶん、後から見直せるようにレシートはまとめてその月が終わるまで保管しておきましょう。束ねたレシートの1番上に合計金額を書いていけば、次の買い物の際に計算するのが楽です。レシートがあればできるので、家計簿を購入したりする必要もありません。

現金を使わずに管理

現金を使うことなく、全ての買い物をカードで支払うことで、カード会社から必然的に利用明細書が送られてきます。それがあれば、家計簿やレシートを見なくとも自分が何にお金を使ったのかわかります。また、最近では明細書をアプリで見ることができることがほとんどですので、とても楽チンです。
1つ気をつけて欲しいことは、お金を使っている実感がないことからついつい買い物をしすぎてしまうということ。使いすぎが心配なかたはクレジットカードではなく、その場で口座から引き落としされるデビットカードを使うことをオススメします。

いかがでしたか

家計の管理をする際には家計簿から入る方が多いですが、他にもたくさんの方法があります。試してみて自分にぴったりのものを見つけてみてはいかがでしょうか。

サイトウ サオリ

17,915 views

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事