小銭貯金を継続させる3つのコツとは? おもしろ貯金法5選も紹介

貯金・家計

小さな積み重ねで、気がつけば「5万円も貯まっていた!」「30万円も貯まっていたの?」と驚くことがある500円玉などの小銭貯金。
でも、500円玉貯金にチャレンジしたことのある方ならわかると思いますが、意外と継続させるのが難しく途中で挫折してしまったのではないでしょうか?

筆者は小銭貯金で、1年で10万円を貯めた経験があります。
ラジオ番組の「小銭貯金」特集で出演した際、リスナーから3か月で10万円貯めたとか、半年手で30万円貯めたとか、1年で50万円貯めたといった声がたくさん寄せられていました。
たかが小銭貯金、されど小銭貯金です。

そこで、今回は、100円玉貯金や500円玉貯金の小銭貯金をこれから始めたいと思っている読者に、小銭貯金を継続させる3つのコツと、おもしろ貯金法を幾つか紹介します。

小銭貯金を継続させるコツ1:目標と使い道を決めておく

まずは、お金を貯めた後の使い道を決めましょう。漠然と貯めようと思っても、人間は意思が弱く続かないものです。
ホテルで豪華な食事をする、話題の店に行く、国内旅行や海外旅行に行く、欲しい洋服やバッグを買うなどモチベーションが高まるものであればあるほど、続くようになります。

また、どれくらいの期間でいくら貯めるかなど「期間」「目標金額」を決めておくのも良いでしょう。
「1年間で5万円を小銭貯金で貯める」というような目標でも十分良いと思います。

小銭貯金を継続させるコツ2:小銭貯金を行う時間帯やルールを決める

筆者の場合、必ず1日の終わりに財布を開けて、なかの小銭を全て貯金箱に入れています。こうすることで確実に小銭貯金ができます。
また、翌日からお金を使う際は、お札を崩すことになりますので、あまり崩さないような意識が働きます。なので、無駄遣いを防ぐことに。

キャッシュレスな世の中になっていますので、電子マネーやクレジットカードを使うこともありますが、かなり支出を抑えることができます。
キャッシュレスに対応した小銭貯金アプリもあります。
「finbee」と「しらたま」です。
しらたまは、貯めたお金をネットショッピングなどに利用できるしらたまプリカとしてチャージできる「プリカにしらたま」と、ネットバンクへお釣りを自動で貯金できる「バンクにしらたま」に分かれています。

finbee:https://finbee.jp/
プリカにしらたま:https://sirata.ma/
バンクでしらたま:https://sirata.ma/bank

小銭貯金は、無理のない金額で行うこともポイント。500円玉が難しいなら100円玉にしたり、50円玉以下の小銭だったりと小銭貯金しやすい金額で行うことが継続させるコツです。

<ルール化をおすすめする項目>
・小銭貯金をする頻度 →毎日?週●日?毎週?毎月? など
・小銭貯金をする時間帯 →毎朝?家に帰ってきたら?寝る前? など
・小銭の金額 →小銭全部?500円玉?100円玉?50円玉以下の小銭? など

小銭貯金を継続させるコツ3:おもしろ貯金法を実践する

毎日続けたくなるような面白貯金法で実践していくのも、小銭貯金を継続させるコツです。ここではいくつか面白貯金法を紹介します。

ひと味違う「500円玉貯金」

500円玉貯金なら聞いたことがあるという人が多いかもしれません。
しかし、今回提案するのはひと味違う「500円玉貯金」です。
方法は簡単。1日の終わりに財布の中に500円玉が入っていたら、必ず貯金するというもの。500円玉が難しかったら50円玉や100円玉でもOK。
1日に500円貯められれば、1か月で1万5,000円、1年で18万円が貯まります。

「カレンダーの数字貯金」

例えば、1月1日の場合は11円。1月31日の場合は131円のように、月と日を組み合わせた金額を貯金する方法が「カレンダーの数字貯金」です。
この方法で1年間貯めた場合、18万758円貯まります。

「歩数貯金」

1日5,000歩を歩いたら500円貯金する、1日1万歩を歩いたら1,000円貯金すると決めて行う小銭貯金です。
5,000歩を歩いてない場合は、貯金しないといった具合です。健康と連動した良い貯金法だと思います。

「つもり貯金」

デザートを食べたつもり、洋服を買ったつもり、電車に乗ったつもり、タクシーに乗ったつもり、自動販売機でジュースを買ったつもりで貯金するといった感じです。
一駅分歩いたので、電車賃分を貯金するといった方法は健康にも良いですね。歩数貯金との相性が良いのもオススメの一つです。

お釣り貯金

380円の商品を1,000円札で購入した場合、お釣りは620円です。そのお釣りを専用の小銭入れや封筒などに入れておき、帰宅したら貯金箱へ入れる方法がおつり貯金です。
1,000円札ではなく、500円玉でもOK。この場合、120円を貯金することになります。
1,000円札も500円玉も難しければ、100円玉4枚で支払うとしてもOK。この場合は20円を貯金するという具合です。
おつり貯金は、貯金アプリでもできます。先ほど紹介したfinbeeやしらたまを活用するのも手です。

小銭浪費を減らそう

セミナーやマネー相談に来られるお客様の中にも多いのが、意識しないで使っている小さなお金の支出。1回の金額は少なく小銭でも、チリも積もれば山となり、大きな支出になります。

代表格は「ラテマネー」と言われる『カフェ代』です。週に1回などルールを決めていくならいいものの、1日1回か2回だったり、週に何度も行っていたりすると、月に1万円〜2万円は支出していることになります。
1年では12万円〜24万円です。侮れないお金ですよね。
キャッシュレスな世の中ですので、コンビニのちょこちょこ買いや、自動販売機のちょこちょこ買いも要注意です。

せっかく小銭貯金をするのですから、小銭浪費は減らしたいものです。

まとめ

毎日続けたくなるしくみ作りや無理のない金額の設定が鍵です。
今回はご紹介しませんでしたが、おもしろ貯金箱を使うというのもアリだと思います。
100円玉以下の「小銭貯金」をやってみる、健康を意識しつつ貯金する「歩数貯金」、電車・バス・タクシーに乗ったつもりの「つもり貯金」など自分に合ったものを選んでやってみてください。

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Mone...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事