老後資金1億円準備しなければならないはウソ?ホント?

老後

「老後には1億円必要」と聞いて将来のことが不安になったことはありませんか?
夫婦二人で60歳から30年間において、生活費だけで約1億円近くかかるというのは本当です。しかし、その全部を準備しなければならないわけではありません。

今回はそんな不安に対して、老後の生活費がいくらかかるのかを知るところからスタートして、どれくらい準備しておくべきなのかを考えていきます。

老後の生活費はどれくらいかかる?

老後の平均的な生活費はどれくらいかかっているのでしょうか。
厚生労働省「年金制度基礎調査(平成28年)」のデータを用いて、90歳まで生きた場合の夫婦二人暮らしの老後の生活費と女性の一人暮らしの老後の生活費をシミュレーションしてみます。

日本人の平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳(2016年厚生労働省調べ)なので、90歳と仮定しました。

65~90歳までの25年間の生活費とします。

夫婦二人暮らしの老後の生活費

平均的な生活の場合、夫婦二人暮らしの老後の生活費は、平均支出額は月額24.6万円(厚生労働省「年金制度基礎調査」平成28年)です。

25年間では、

24.6万円×12か月×25年=7,380万円

となります。

一人暮らしの老後の生活費(女性)

一人暮らしの女性の場合をみると、平均支出額は月額14.4万円(厚生労働省「年金制度基礎調査」平成28年)です。

25年間では、

14.4万円×12か月×25年=4,320万円

となります。

続いて、65歳から25年間の公的年金額の予想を見てみましょう。

NEXT:「公的年金はいくらもらっているのか?」

池田 幸代

株式会社ブリエ 代表取締役 証券会社に勤務後、結婚。長年の土地問題を解決したいという思いから、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)を取得。不...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事