ポイント2重取りをする簡単なお買物方法【初級~上級】

貯金・家計

ドラッグストアやコンビニなどで、買物をするたびに「ポイントカードは?」と聞かれることが多くなりました。せっかくならポイントのたまるお店で買物をして、少しでもおトクにしたいですね。
このポイントを、1回の買物で2重取りする方法があります。やり方は意外と簡単です。

初級 お店のポイント&キャッシュレス決済のポイント

大きなスーパーや家電量販店などから、小さなショップまで、独自のポイントカードを作っているお店は少なくありません。買物の時にポイントカードを見せれば、100円につき1ポイントといったようにポイントがたまり、何個かたまればそのお店での商品券として使えたり、プレゼントがもらえたりします。

お店のポイントは現金で払ってもたまりますが、支払いをクレジットカードなどのキャッシュレス決済にすれば、クレジットカードのほうでもポイントがたまってポイントの2重取りができます。
また、提携ショップでの買物には付与率がアップする場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

キャッシュレス決済には、クレジットカードのほか、デビットカード、電子マネーがあります。
デビットカードはクレジットカードと同様に、支払いの金額によってポイントがたまるカードもありますが、J-Debitではたまりません。Visaデビット、JCBデビットで、ポイントがたまるカードを選ぶといいですね。

電子マネーは楽天Edy、nanaco、WAONなどがあります。あらかじめお金をチャージ(=入金)して支払いに利用すると、金額に応じてポイントがたまります。
楽天Edyなら200円につき1ポイント、nanacoは100円もしくは200円で1ポイント、WAONは200円で1ポイントです。

中級 クレジットカードで電子マネーにチャージ&電子マネーで支払い

電子マネーは使えるお店が増えて、便利になっています。そこで、電子マネーのチャージを現金ではなく、クレジットカードですることで、さらにおトクに利用できるようになります。
それは、クレジットカードでチャージをすると、クレジットカードのポイントもためられるからです。

たとえば、楽天Edyのチャージを楽天カードですれば、200円で1円分の楽天スーパーポイントが付与されます。1万円をチャージすれば50円分のポイントです。
そして、その楽天Edyで買物の支払いをしたら、これもまた200円で1ポイントですからポイントの2重取りになります。

気をつけておきたいのは、電子マネーのチャージをしても、ポイントがつかないクレジットカードもあることです。ポイントがつくクレジットカードは何か、あらかじめ確認が必要です。

上級 ポイントモール経由&クレジットカードで支払い

インターネットショッピングをするなら、ポイントモールを経由しましょう。Amazonや楽天、Yahooなどで買物をする時に、ポイントモールを経由するだけでポイントがたまります。
JCBが運営しているOki Dokiランド、三井住友カードのポイントアップモール、クレディセゾンの永久不滅.comなどが出店数も多く使いやすいでしょう。
支払いはクレジットカードにすれば、この方法でもポイント2重取りです。

まとめ

買物の時、現金で支払うだけではたまらないポイントが、クレジットカードや電子マネーの支払いでためることができます。たまったポイントを電子マネーにチャージすれば、次のお買物の時に使えるので大変おトク。キャッシュバックと同じ効果を感じます。
普段のお買物をおトクにできるポイントの2重取り、ぜひ試してみてください。

タケイ 啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。 36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事