お金が貯まらない!!私が浪費癖を直すために取り組んだ改善方法

マネーケア

社会人になりお金のゆとりができたことで、浪費癖がついてしまった私。原因は、仕事のストレスをショッピングで晴らしていたことや、収支の把握をせず使いたい分だけお金を使っていたことです。友人との会話をきっかけに将来のことを考え、浪費癖を直そうと決意!
今回は、私が浪費癖を直すために取り組んだ方法を紹介します。

浪費癖マインドから逃げられない…原因は仕事のストレス!?

新卒入社で介護職についた私。週休2日のシフト制で、手取りは19万~22万円程度。県外への転勤はなかったものの、所属する営業所が移転したことで通勤に往復2時間以上かかっていました。

勤務時間は8時半~17時半でしたが仕事柄残業も多く、帰宅時間が22時を過ぎることもしばしば。仕事だけで1日が終わってしまい自分の時間を過ごせなかったため、休日はショッピングや旅行、友人との食事会などでストレスを発散していました。

親元で暮らしているときは生活費がほとんどかからず散財しても問題はなかったのですが、1人暮らしを始めるとすべてのお金を自分で支払うため、出費が増加。しかし、ストレス発散=お金を使うことになっていたため、浪費癖を直せなかったのです。

浪費癖を直すために…まず習慣や考え方を変えた!

私が浪費癖を直そうと決めたきっかけは、将来を考え始めたこと。既婚者の友人と話したとき「結婚式を挙げるのにもハネムーンに行くにもかなりのお金がかかる」と聞き、本腰を入れて貯蓄しなければ、結婚しても何もできないと思ったためです。そこで浪費癖を直すために、今までの習慣や考え方を変えることから始めました。

だらだらお金を使わず、貯蓄目標を決めた

浪費癖を直すためにまず取り組んだのが、お金をだらだら使うのを辞めることです。ストレス発散がお金を使うことになっていると、いくら貯蓄しようと思っても長続きしません。そこで、ファーストステップとして貯蓄目標を決めることにしました。

いきなり目標金額を高く設定すると、逆にストレスが溜まり貯蓄自体が嫌になってしまいそうだと思い、はじめの月は目標金額を低く設定。その後、少しずつ金額を増やすことで、貯金が習慣化するよう心掛けました。

コンビニ通いを辞めた

仕事の日は帰宅時間が22時頃になることも多かったので、家に帰るまでの間にお腹がすき、小腹を満たすためにコンビニに寄るのが習慣になっていました。コンビニはいつでも気軽に行けて便利ですが、毎日買いものすればかなりの出費になります。

飲みものだけ買おうと思っていても、魅力的な商品がたくさん揃っていると、ついつい一緒に買ってしまうのも浪費癖を悪化させる原因の1つ。小腹がすいたとき用のパンやお菓子、飲みものを自宅から持って行くことで、通勤中のコンビニ通いを辞めることができました。

ストレス発散方法をショッピング以外のものに変えた

ストレス発散がショッピングのままだと浪費癖が直らないと考え、新たにお金のかからない趣味を作ることにしました。私が始めたのは料理。

食費は毎月かかる出費なので、固定費に含まれます。それまで外食や惣菜ですませていたので食費がかさんでいましたが、料理を始めたことで、節約&花嫁修業になり良いことばかりでした。

無駄遣いしない&貯蓄するために取り組んだ4つのこと

習慣や考え方を見直しただけでは、浪費癖を直すのにはまだまだ不十分です。次のステップでは、無駄遣いを減らしお金を貯められるよう、実際の行動に移していきました。

収支を把握するため、支出リストを作った

私の浪費癖が直らない原因の1つが、自分が毎月いくらお金を使っているのか把握していないことでした。そこで、毎月何を買い何円使ったのか一目で分かるよう支出リストを作成

支出リストを作ったことで、お金の管理の問題点が浮き彫りになり、たくさんの無駄遣いに気付けました。さすがに使いすぎ…と気づくことで、自制の気持ちを持つことにつながったと思います。

部屋を綺麗にして、無駄なものを買わないようにした

部屋の掃除と無駄遣いは一見関係がなさそうに思いますが、実はとても深い関係があります。部屋が整理されていないと、すでにあるものをないと思って重複して買ってしまうことはもちろん、何を買うべきか分からず無駄な買いものをしてしまうからです。

私の場合、家を整理したことで本当に必要なものが何か分かり、無駄遣いを減らせました。また、片付いた部屋にものを増やしたくないということから、買う前に本当に必要かどうか考えるようになった気持ちの変化もありました。

続きを読む
1 / 2

森えり

介護職を5年経験し、現在はライターとしてさまざまな種類の記事を執筆中。 楽しみながら節約するために、日々お得なアイテムや節約術を探している。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール