社会人1年目、投資の手始めはiDeCoとつみたてNISAどっちがよい?

投資商品

社会人1年目の皆さん。仕事も少し慣れ、毎月の給料の手取り額や、必要な支出額もわかったので、そろそろ資産運用を考える時期ではないでしょうか。
増やす目的である投資の手法として今話題なのが、「iDeCo」と「つみたてNISA」です。
今回は社会人1年生ならどちらをオススメするかと、その理由について説明します。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたてNISAの違い

iDeCoとつみたてNISAの違いは大きくは次の3点です。

(1) iDeCoは自由にお金がつかえるのは60歳以降だが、つみたてNISAは最長40年間いつでも換金できる

(2) つみたてNISAの商品は投資信託とETF(上場投資信託)だが、iDeCoは投資信託のほか定期預金など元本確保型の商品がある

(3) iDeCoは運用益非課税のほか、毎年掛金に対する税金の軽減がある。受給時は元本・運用益ともに原則課税対象となるが、優遇措置がある。つみたてNISAは運用中の利益が非課税になるほか、換金時の元本・運用益ともに非課税

iDeCoとつみたてNISAの違い

社会人1年生への投資のオススメは「つみたてNISA」!

iDeCoかつみたてNISAかのどちらかなら、社会人1年生にオススメするのは、つみたてNISAです。
その理由を以下に説明しましょう。

(1) いつでも換金できる
社会人1年生なら、まだ「いつ」「いくら」お金が必要になるか全くわからないですね。
iDeCoで積み立てているお金は、60歳以降しか換金できないので、結婚費用や住宅を借りたり買ったりするとき、そして子育ての費用にも使うことができません。一方つみたてNISAは、40年間の間ならいつでも換金できるので、新社会人はつみたてNISAを優先させるべきです。

(2) つみたてNISAの商品は投資初心者に向いている
iDeCoには元本確保型の商品がある反面、値動きの大きい投資信託もラインナップされています。
一方、つみたてNISAにラインナップされている商品は、「インデックスファンド」という、値動きが大きくない投資信託のみとなっています。また、信託期間が無期限または20年以上であること、決算頻度が毎月ではないことなど、投資初心者向けにという基準で国が決めた、厳格な要件を満たした商品のみとなっていて、投資信託を保有するためのコストとなる「信託報酬」の水準も低くなっています。

(3) つみたてNISAには積立金額の最低額が低い金融機関がある
iDeCoの毎月掛金の最低額はどこの金融機関でも5000円です。一方つみたてNISAの場合は、金融機関によって違いはありますが、ネット証券なら100円からOKのところもあります。とはいえ100円では運用益非課税のメリットは活かせません。初めて投資にチャレンジするなら3000円ぐらいから始めて、慣れてきたら少しずつ積立額を増やしてみてください。

まとめ

社会人1年生で、iDeCoかつみたてNISAのどちらかであれば、つみたてNISAが優先だと筆者は考えます。しかし社会経験を積んでお金の流れがわかってきたら、iDeCoも併用するのがベストです。60歳以降しか使えない不便さは、確実に老後資金を貯めることができるという利点でもあるのと、毎年の掛金に対する節税効果があるからです。

また資産運用は、増やす目的の「投資」と同時に、元本が減ることのない預金などの「貯蓄」とのバランスも重要となります。

小野 みゆき

5,611 views

中高年女性のお金のホームドクター 社会保険労務士・CFP・1級DCプランナー・年金マスター 企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事