社会人1年目、投資の手始めはiDeCoとつみたてNISAどっちがよい?

投資商品

社会人1年目の皆さん。仕事も少し慣れ、毎月の給料の手取り額や、必要な支出額もわかったので、そろそろ資産運用を考える時期ではないでしょうか。
増やす目的である投資の手法として今話題なのが、「iDeCo」と「つみたてNISA」です。
今回は社会人1年生ならどちらをオススメするかと、その理由について説明します。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたてNISAの違い

iDeCoとつみたてNISAの違いは大きくは次の3点です。

(1) iDeCoは自由にお金がつかえるのは60歳以降だが、つみたてNISAは最長40年間いつでも換金できる

(2) つみたてNISAの商品は投資信託とETF(上場投資信託)だが、iDeCoは投資信託のほか定期預金など元本確保型の商品がある

(3) iDeCoは運用益非課税のほか、毎年掛金に対する税金の軽減がある。受給時は元本・運用益ともに原則課税対象となるが、優遇措置がある。つみたてNISAは運用中の利益が非課税になるほか、換金時の元本・運用益ともに非課税

iDeCoとつみたてNISAの違い

NEXT:「社会人1年生への投資のオススメは◯◯」

小野 みゆき

中高年女性のお金のホームドクター 社会保険労務士・CFP・1級DCプランナー・年金マスター 企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事