免税店は日本出国時と海外 どっちが安いの?

貯金・家計

もうすぐ夏休みシーズンに入ります。この機に、海外で休暇を過ごそうという方は、少なくないと思います。
海外旅行といえば免税店が思い浮かびます。海外の空港やお土産店でも、買い物に免税店を選ぶことは多いのではないでしょうか。
免税店は安いというイメージがあるようですが、何が安くて、どこで買い物するのがおトクなのでしょうか。
今回は、免税店についてわかりやすく解説します。

免税店は、Tax free ShopとDuty free Shopの2種類がある

免税店は、旅行などで訪れた外国の人が、購入したものを国内で使用せずに出国する場合は税金をとりませんよという趣旨のもとでつくられています。免税店とは、消費税などの税金をかけないで販売することが認められた販売店のことです。
免税店は、免除される税金の種類により、2タイプに分けられます。
消費税だけが免除されるのは、Tax free Shop、空港以外の繁華街でみかけるのは、こちらのタイプになります。
消費税だけでなく、酒税やたばこ税などの税金も免除されるのが空港などにあるDuty free Shopです。たばこやお酒を購入する場合は、Duty free Shopの方が、免税分安くなるということになります。

免税店の種類と免税される税金

次のページでは、日本出国時(日本の空港)と海外からの帰国時(海外の空港)、どちらの免税店でお買い物をするのがトクなのか見ていきましょう。

NEXT:「日本出国時と海外からの帰国時、どっちがおトク?」

山田 香織

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、産業カウンセラー。 FP歴9年。会計事務所で11年間、経営・税務相談業務を経験した後、FP事務所を開業。 個人から...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事