知っておきたい!30代女性の平均年収と年収別の目標貯金額とは

マネーケア

女性も30代になれば真剣に将来のことを考え始める時期でしょう。今の時点でいったいいくら貯金があれば安心できるのか、いったいまわりはいくらお給料をもらっているのか、気になることではありますが、なかなか人に聞くこともできません。
平均貯蓄額のデータから30代の目標貯蓄額を考えてみましょう。

<30代女性の正社員の平均年収は313万円>

人と比べるつもりはないけれど、そうは言っても気になる同世代の収入。自分は平均年収と比べて多いのか、少ないのか気になるところではないでしょうか。
厚生労働省の2017年賃金構造基本統計調査(第6表)によると、30代正社員の女性の平均収入は、30~34歳の人で約303万円、35~39歳の人で323万円となっています。

また、非正規雇用の場合は、30代前半で235万円、後半で約236万円とあまり変化がないことがわかります。
正社員と非正規雇用の人の場合では、年間収入の差が30代前半で約68万円、30代後半では約87万円もの差があります。

30代女性平均年収  (単位:万円)

※厚生労働省「2017年賃金構造基本統計調査」より筆者試算

賃金を詳しく見てみると、30代前半では20万~22万円未満が13.0%と最も多く、22万~24万円未満は12.8%、24万円から26万円未満は12.1%。
1カ月あたりの賃金は、20~26万円未満が全体の約3分の1を占めています。

しかし、30代後半になると16万~28万円未満の割合は30代前半の人よりも少ないことがわかります。その代わり28万円以上の割合は30代前半よりも多くなっています。このことが30代前半より、後半の方が平均年収が高い理由です。         

30代女性賃金階級別割合  縦軸 % 横軸(単位:千円)

※厚生労働省「2017年賃金構造基本統計調査」より筆者作成

<年収別の目標貯金額>

収入と同時に貯蓄額も気になるところです。同世代と比べて自分は貯金ができているのか、多いのか少ないのか、仲の良い友達でさえ聞くことが難しいのがお金の話。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査〔単身世帯調査〕(2018年)」によると、30代単身者の平均貯蓄額は317万円です。
貯蓄額の割合を見てみると2%の人が無回答ではありますが、貯蓄をしていないと回答した人が一番多く、40%もいることがわかります。また、貯蓄額100万円未満17%、100〜200万未満8%、200〜300万円未満6%、300〜400万円未満4%の合計が全体の75%になります。

一方、1000万円以上あると答えた人は11%もいます。
平均は極端に貯蓄の多い人も極端に少ない人も含んだ金額となるため、317万円という結果になりましたが、実は半数以上の人は平均以下の貯蓄額という結果です。

30代貯蓄額割合(男女)

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査〔単身世帯調査〕(2018年)」より

次に、年収別(男女)の貯蓄額をみてみると、年収300万円未満であっても473万円の貯蓄があり、年収300万~500万円未満では738万円もの貯蓄があることがわかります。
年収別貯蓄金額は、収入のある世代全てを含むので、30代限定の金額ではありませんが、1つの目安となるでしょう。

30代女性の平均年収と平均貯貯蓄額から考えて年収300万円未満の場合は、貯蓄額300万円が目標となるでしょう。年収400万円未満では500万円、年収500万円では700万円くらいが目標となります。もし、現在の貯蓄額が目標よりも少ないようであれば、貯蓄の方法を見直して見ましょう。

年収別平均貯蓄額(男女)

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査〔単身世帯調査〕(2018年)」統計表番号6 年間収入より

<年収別お金の貯め方>

お金を貯めるといっても、人それぞれ収入や支出は違います。お金の貯め方の基本はまずは年収に合った貯め方を知ることから始めましょう。

○年収300万円のお金の貯め方、まずは貯蓄300万円を目標にしましょう
30代女性で平均年収300万円の場合、一人暮らしをしていると、毎月の家計もギリギリで、なかなかお金が貯められないということもあるかもしれません。
しかし、毎月の支出を見直し、予算を立てることで貯める体質に変えることができます。

コツは、あまり細かく予算を立てないこと。予算内に収めることにストレスがたまり、大爆発して衝動買いなどしてしまっては意味がありません。
予算を立てる項目は少なめにして、多少のやりくりをしながら予算内に収めることができれば毎月貯蓄できるはずです。

さらに、30代は冠婚葬祭などの付き合いも増える世代です。臨時の出費で赤字にならないように、そういった費用もあらかじめ毎月予算化しておくといいでしょう。

○年収400万円のお金の貯め方、貯蓄額500万円を目指しましょう
収入が30代女性の平均年収よりも高めなので、生活にも少しゆとりがあるはずです。すると、ほんの少しずつ支出が多くなります。
支出を見直し、予算化することは年収300万円の人と同じですが、年収400万円の人の場合は、毎月の貯蓄額も目標を立てて実行していきましょう。

1年間を通して手取りの2割を、最低でも貯蓄できるように支出をコントロールしていきましょう。
さらに、ボーナスは最低でも半分以上は貯蓄できるといいでしょう。
また、貯めることから殖やすことにも目を向けて、iDeCoやつみたてNISAなども積極的に活用していきましょう。

○年収500万円のお金の貯め方、貯蓄目標は700万円
年収が500万円になると、支出に関して甘くなりがちです。趣味や美容に関しての支出が多くなったり、コンビニをよく利用したり、自炊はあまりせず、外食が多くなったり。
それだけのお金を稼ぐために頑張っているのですから多少のご褒美はいいと思いますが、そんなことを繰り返しているうちお金が思うように貯まっていないということも少なくないでしょう。

年収500万円であれば、年間150万円以上は貯蓄できるはずです。毎月の支出を少し見直すだけでも月10万円貯蓄できます。
なるべく現金払いを減らして、クレジットカード払いにすることで、支出は管理しやすくなるので変えてみるのもいいでしょう。
年収400万円の人同様、貯めるだけではなく、iDeCoやつみたてNISA、その他の金融商品なども分散して殖やす方法も積極的に取りいれていきましょう。

<まとめ>

厚生労働省のデータから30代正社員の女性の平均年収は313万円、平均貯蓄額は317万円ということがわかりました。平均とくらべてみていかがでしたか。もし、平均貯蓄額よりも少ない場合は、支出を見直して年収ごとの目標貯蓄額まで、少しずつでも貯蓄していきましょう。

黒須 かおり

ファイナンシャルプランナー CFP® 女性を中心に、一生涯を見守るFPとしてmoney&キャリアのコンサルティングを行う。幸せになるためのお金の知識...

プロフィール

関連記事一覧