個人向け国債とは?わかりやすく解説

公社債

個人向け国債という言葉は聞いたことあるけど、普通の国債と何が違うのかよくわからないという人も多いようです。
そもそも債券の仕組みもよくわからない、というマネー初心者のために、個人向け国債について解説します。

日本国政府が発行する債券だから国債

国債とは、日本国政府が発行する債券のことです。
債券をわかりやすく説明すると、お金を必要としている国や、地方自治体、会社などにお金を貸した証明書のようなものです。

お金を貸したのですから、初めに取り決めた利子を受け取ることができ、約束の期限になったら貸したお金(額面金額)を返してもらえます。
この期限のことを、償還期限(しょうかんきげん)と言います。

債券の発行元が国であれば国債、地方自治体であれば地方債、会社であれば社債と呼ばれます。
そして、個人が購入出来る国債を「個人向け国債」と呼び、全部で3種類あります。

個人向け国債の種類と特徴

※財務省ホームページ「個人向け国債/商品概要」より筆者作成

3年と5年満期の金利は固定されていますが、10年満期だけは変動金利となっています。金利が変動するので受け取る利子の金額は確定しませんが、満期に額面金額が償還されるのは同じです。
つまり国債は、約束された利子を受け取りながら、期日がきたら貸したお金を返してもらえることが約束された、国が発行した証明書なのです。

個人向け国債5つの特徴

個人向け国債の特徴は大きく5つあります。

①購入できるのは個人に限定

個人でも買いやすく、購入単位が小さくなっています。

②1万円から購入可能

最低1万円から1万円単位なので、予算に合わせて購入できます。

③発行後1年以上経過すれば1万円から中途換金可能

償還期限の前でも、発行後1年たてばいつでも換金できます。

④年率最低0.05%の最低保証がある

経済の状況が変化して金利が下落したときでも、最低保証があるので安心です。
元本割れはありませんので、リスクの小さな資産運用と言えるでしょう。

⑤10年国債はインフレにも対応できる

インフレになれば金利が高くなり、利子の受け取りが増えます。

満期まで所有すれば元本保証があり、1万円という少額からでも購入することができることや、途中で資金が必要になった時には解約できるので、初心者の方にも始めやすいという特徴があります。

また、10年国債の金利は基準金利×0.66で、半年ごとに実勢金利に応じて変動するため金利が上昇すればその分国債の金利も上がります。
そうすると受け取れる利子の金額が多くなり、将来のインフレのリスクにも対応できます。10年間もの長期の運用であれば、このような仕組みが適していると言えるでしょう。

個人向け国債を買うときの注意点

国債は毎月購入することができますが、積立定期預金のように毎月決まった金額を自動で買うことはできません。毎月購入するのであれば、その都度手続きが必要になります。

また、3年と5年満期の国債は固定金利なので、将来のインフレリスクには対応できないという注意点もあります。

さらに国債は満期を待たず中途換金する場合、中途換金調整額がかかり、直近2回の利子相当分を返さなくてはなりません。
10年国債の金利は変動するため、受け取っていた利子の金額が固定金利よりも多い可能性があります。その場合は中途換金調整額も多くなり、ペナルティとして返す金額が多くなる可能性があります。
しかし、調整されるのは受け取っていた利子のため元本が減るわけではありません。

国債はどこで買えるのか

国債は証券会社や都市銀行、地方銀行の他に農業協同組合や信用金庫などの窓口で購入することができます。
窓口で購入するには、店舗が対応している時間内に行かなければなりませんが、最近では一部の証券会社や金融機関ではインターネットを通じて国債を購入することもできます。
インターネットなら24時間いつでも注文することはできますが、実際の購入は翌営業日となるため募集の期間には注意しましょう。

国債を購入しようと思ったら、まず銀行や証券会社に口座を開設しなければなりません。銀行は通常の預金口座とは別に、債券用の口座の開設が必要になります。
口座開設までの期間は金融機関により異なりますが、スマホからの申し込みなら最短で3日、パソコンからの申し込みでも最短5日くらいで開設できる金融機関もあります。

口座の開設には、運転免許証や保険証などの身分証明書と印鑑、マイナンバーがわかる書類などが必要になるので、あらかじめ用意しておくといいでしょう。

購入先の選び方

多くの金融機関で購入することができる個人向け国債ですが、どこで購入しても同じかというとそうとばかりも言えません。
選ぶ金融機関によりおトクになることがあるので、しっかりチェックしておきたいですね。

たとえば、みずほ証券「個人向け国債キャンペーン」では2019年12月5日~30日のキャンペーン期間に国債を100万円以上購入すると、固定3年なら1,000円、固定5年なら1500円、変動10年なら2,000円が現金でもらえます。

また三木証券「個人向け国債キャンペーン」では2019年10月~2020年3月までに50万円以上100万円未満国債を購入すると、固定3年なら1,000円、固定5年なら1500円、変動10年なら2,000円がプレゼントされます。
50万円の国債を購入して1,000円キャッシュバックは率にして0.2%。国債の金利と比べてもおトクなことがわかります。

キャンペーンの実施期間や金額、内容などは金融機関によって異なるため、その都度確認した方がいいでしょう。

ただし、実際に証券会社などで口座を開設する際には、口座開設の手数料や、口座管理手数料がどのくらいかかるのか、比較検討をしてから決めましょう。

国債を組み入れた投資信託という選択肢も

国債で投資をするには、直接購入する方法もありますが、国債を組み入れた投資信託を買うという選択肢もあります。
投資信託には、株式に投資をする「株式投資信託」と、債券に投資をする「公社債投資信託」があり、公社債投資信託は投資対象が国債や社債などの債券に限定さてれている投資信託です。
株式投資信託に分類されていても、実際の投資先は債券のみの投資信託もあります。

投資信託であれば、iDeCo(=イデコ、個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(積立ニーサ)を使って積み立てながら投資することができます。
また、国債を直接購入すると最長でも10年ですが、つみたてNISAであれば20年、iDeCoであれば60歳まで長期運用することができます。

また、どちらも運用益は非課税になるメリットや、iDeCoであれば所得税や住民税が軽減されるメリットがあります。
しかし、投資信託は手数料がかかります。所有している期間中かかる信託報酬は、低いものを選ぶといいでしょう。

まとめ

国債は日本政府が発行している債券なので、安全性の高い投資先として人気があります。定期預金よりも高めの金利となっているので、定期預金をするつもりで始めてみるといいかもしれません。

初めて国債を買ってみるのであれば、ボーナスなどで使い道の決まってない金額から始めてみるのもいいでしょう。
3年以上使う予定がないのであれば、3年定期を始めたと思って購入してみるものいいのではないでしょうか。

さらに、税金の非課税や軽減のメリットがある、iDeCoやつみたてNISAを活用した投資信託で始めてみるのもオススメです。
債券投資は、安全性を重視して投資を始めたい人にはピッタリ。投資初心者にも適した商品と言えるでしょう。

黒須 かおり

ファイナンシャルプランナー CFP® 女性を中心に、一生涯を見守るFPとしてmoney&キャリアのコンサルティングを行う。幸せになるためのお金の知識...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事