国債について学ぼう! 「中期国債」ってなに?

公社債

投資が初めての人や、安全に運用したい人におすすめなのが国債です。国債は満期(償還)までの期間によって短期、中期、長期国債にわけることができます。ボーナスなど使い道の決まっていないお金があるのであれば、中期国債で資産運用デビュー始めてみましょう。

そもそも中期国債ってなに?

中期国債とは、日本政府が発行する国債の中でも、購入してから満期までの期間が2年から5年の中期的な国債のことを言います。
国債(利付債)は、半年に一度決められた利子が支払われ、満期になると、貸したお金(額面)が返ってきます。この満期に購入額面が返還されることを「償還」と言います。

現在中期国債は、2年利付債、3年利付債、そして個人向け国債の3年、5年が発売されています。利付債は5万円から、個人向け国債は1万円からと手軽に始めやすい金額から購入することができます。

また、固定利率のため、受け取る利子が確定していることも中期国債の魅力の一つです。国債は銀行や証券会社、郵便局などで購入することができる上、日本政府が利子と元本を保証しているため、信頼性と安全性の高い金融商品の一つで、比較的投資初心者にも始めやすいと言えるでしょう。加えて、全て固定金利であることも特徴で中期的な目標を立てた安定運用が期待できます。

知っておきたいリスクと注意点

通常債券は満期まで所有していれば、半年ごとの利息の受け取りと、満期に元本が返還されることが決まっていますが、途中で急に現金が必要になった場合は、債券市場で売却をしなければなりません。
利付国債は満期前に現金化しようとすると、その時の市場価格が下がっていると、売却することで損失が出る可能性があります。

この点、個人向け国債は元本割れせずに中途解約ができます。

また、現在の利率は0.05%と超低金利で固定のため、今後金利が上がったり、日本経済がインフレになったりすると、固定金利であることが逆にデメリットになることもありますので注意が必要です。

まとめ

中期国債は、国の発行する債券のため、信頼性と安全性が高く、運用期間が比較的短めなので、ボーナスが支給されたり、当面使う予定のない貯金があったりするのであれば、投資が初めての人は中期国債から始めてみるといいでしょう。国債は銀行の定期預金と比較されることも多いですが、日本円での運用であれば、一番信頼できる投資先と言えるでしょう。また大手金融機関の定期預金と比べると利率が高いので、一度検討してみるといいでしょう。

黒須 かおり

17,882 views

ファイナンシャルプランナー CFP® 女性を中心に、一生涯を見守るFPとしてmoney&キャリアのコンサルティングを行う。幸せになるためのお金の知識...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事