女性のキャリアアップに繋がる! おすすめの資格、取りやすい資格とは?

「投資信託」で資産運用?特徴とポイント解説!
趣味・美容

同じ職場で働くにせよ、転職を考えているにせよ、あると心強いのが各種資格!実際にその資格を使うかは職場によりますが、持っているだけで選択肢が広がることもあり、必然的にキャリアアップに繋がります。今回は、そんな中から女性が取得しやすい資格、役に立ちやすいおすすめの資格をご紹介します!

事務職なら日商簿記検定がオススメ!

世の働く女性は事務職に就いていることが多いですが、そんな時にあると頼りになるのが日商簿記検定の資格です。簿記検定は経理に関する資格であり、その等級は4級から1級まで4段階になっています。仕事で使う、履歴書に書く、となると簿記検定3級からと言われていますが、逆に言うと3級さえ持っていれば経理事務未経験でも経理職に採用されることもあるのです。2級、1級となるにつれその難易度は格段に上がっていきますが、取得すれば経理関係のプロフェッショナルとして、確実なキャリアアップに繋がりますね!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)でPCスキルをアピール!

オフィスで働く人にとっては必須とも言えるのがPCに関するスキル。現代では、スマートフォンばかり操作していたためにPCをあまり使えない、なんて世代も現れていますが、そんな時に役立つのがマイクロソフトオフィススペシャリスト!これは、Microsoft社が発売するWordやExcelと言った各種ソフトに関する技能資格であり、取得すれば各ソフトの基本的な操作ができることのアピールとなります。オフィスワーカーにとっては基礎的なことかもしれませんが、その基礎を持っているか、どうかで大きな違いとなることもあるのです。

ファイナンシャルプランナー(FP)は取得しやすい国家資格!

金融・保険系に強い資格と言えば、女性人気も高いファイナンシャルプランナー(FP)です。最上級の1級ファイナンシャル・プランニング技能士は実務経験が必要な上に、問題自体もかなりの難関試験となっていますが、3級ならば合格率は70~80%前後と比較的高めです。また、受験のために実務経験も必要ないためにハードルも低めな点がありがたいですね。ファイナンシャルプランナーは転職、キャリアアップに繋がるだけでなく、家庭内でのお金のやりくりや友人へのアドバイスなど、プライベート面でも役立つ資格となっています。

これから需要がもっと高まる? TOEICテスト

2020年には東京オリンピックも開催となり、東京を中心に国際化の流れがさらに進む気配もありますが、そんな世の中に合わせて英語の必要性もかなり高まってきています。かつては英語に関する資格と言うと英検が一般的でしたが、現在の主流はTOEICテスト。実はこちらのTOEICテスト、厳密に言うと資格ではなく実力測定試験となっているため免許や資格といった形で取得できるものではありません。しかし、TOEIC600点、TOEIC800点と言ったように、一定のスコアを達成すれば英語力の確かな証明となります。英語能力が必要となる職場で使えることはもちろん、これから海外に進出を考える方にもオススメの試験です。

各種資格を取得することはキャリアアップを助ける1つの要素となりますが、しっかりと努力してその資格を習得した、という証明にもなります。たくさん資格を持っていれば良いというワケではありませんが、その努力も自信となりキャリアアップへと繋がっていくかもしれませんね!

関連記事一覧