専用のアイテムがなくても快適!キャンプで使える節約術

趣味・美容

大自然に囲まれて過ごすキャンプは、アウトドアの中でも特別の楽しさがありますよね。キャンプでは専用のグッズがないと不便を感じることも少なくありません。今回は、滅多に使わないアイテムにお金をかけたくない人のために、キャンプで使える節約術を紹介します。

キャンプで必要なものの多くは家庭にある

キャンプで利用するグッズは意外と高額で、全てを揃えると10万円以上かかることもあります。毎週キャンプに行くなら、少々値が張っても専用のアイテムを購入する方が良いでしょう。しかし、それほど頻繁に行かないのであれば、購入するより家庭にあるもので代用する方が節約になります。例えば、食器や調味料、カセットコンロなど、キャンプで使用するほとんどのものは家庭にあるものです。壊れにくく軽いプラスチック類の食器や調味料は、必要な分だけ小分けして持って行くなどするだけで余計な出費を抑えることができます。

高速料金はETC割引で節約する

ホテルや旅館に宿泊することを思えば、キャンプ場での使用料はかなり安くすみます。特に公営のキャンプ場では、1泊数百円から数千円で利用できる場所もあります。少人数で行ってもお得ですが、人数が多くなるとお得感はさらに増すのでファミリーにはおすすめです。ただし、キャンプ場が遠方にあるとその移動費用がかかることがあります。高速道路を利用するなら、ETC割引を利用するように心がけましょう。夜間早朝が安かったり、平日が安かったりといったケースがあるので、行きと帰りの日程が重要になります。高速道路の料金に合わせて、早朝に出発する、夜間に走行するといったことも節約のコツとなります。

要らなくなったキャンプ道具は売却する

一時期キャンプに行っていたけれど、最近はまったく行っていないなら、思い切ってキャンプ道具を売却するのも節約になります。特に、物置にしまったまま何年も使っていないキャンプ道具がある場合、一度売却し、必要になったらまた買い揃えるようにした方が良いでしょう。個人で売買するのが面倒だという人は、専門の買い取り業者を利用する方法もあります。

まとめ

自然の中で過ごすキャンプでは、普段の生活に比べて不便なこともあります。しかし、それ以上に日常でできない体験が多くできます。ぜひ、節約しながらキャンプを楽しんでくださいね。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事