海外出張・旅行・留学を考えている人へ!おすすめの英語勉強方法5選

趣味・美容

仕事で海外に出張に行く予定がある・海外旅行や海外留学を考えている人がまず考慮することが、言葉の壁ではないでしょうか。中でも英語は母国語にしている国や通じる国が多いため、事前に英会話や英単語に慣れ親しんでおけば、不安に思うことも少なくなるかもしれません。

今回は、おすすめの英語の勉強方法をご紹介します。

海外ニュースを流し見・流し聞きする!

まずは本場の英語を耳で聞き、英語に慣れることから始めるとよいでしょう。おすすめは、海外ニュース番組を流し見したり、流し聞きしたりすることです。見ているだけでも勉強になりますし、聞いていると自然と英語での会話に耳が慣れていきます。

YouTubeなどの動画配信を行っているサービスや、インターネットラジオなどで海外ニュースを放送しているチャンネルがあります。無料での利用も可能なので、使ってみてはいかがでしょうか。

また、NHKでは語学講座として「基礎英語」のテレビ放送・ラジオストリーミング配信を実施しています。テキストも用意されているため、テキストと共に、テレビやラジオを見ながら・聞きながらの勉強が可能です。

参考:Youtube「BBC News」、CBS SF BAY AREAHNK ゴガク

好きな洋楽を聞く・好きな洋画を見る!

音楽が好きな人や映画を見ることが趣味の人は、洋楽を聞く・洋画を見るのもよいアイデアです。音楽を聞いていて気になったワンフレーズや、映画の中の主人公のセリフなどをメモしておき、調べてみましょう。

ことわざに「好きこそものの上手なれ」とありますが、好きなものに対してならばおのずと関心も高くなるはずです。好きなアーティストなら取り組みやすく、好きな映画なら見ることも楽しく感じられるでしょう。

CDやディスクを購入・レンタルするのもアリですが、ストリーミングサービスや動画配信サービスを利用してスマートフォンなどにダウンロードすれば、よりスマートに楽しむことができます。

参考:moraVIDEX

英会話が学べるアプリ・サービスを使う!

実際に英会話を学ぶことができるスマートフォンのアプリをダウンロードしてみるのも、ひとつの方法です。事前にダウンロードしておけば、気が向いたときやスキマ時間でも勉強することができます。

いくつかダウンロードしてみて、自分が使いやすいと思ったものを選択しましょう。中には無料で使えるアプリもあるので、費用も抑えることが可能です。

また、ウェブサイト上で英会話を学ぶことが可能なサービスもあります。英単語の意味を調べる・英会話でよく使うフレーズなどを知っておくことで、語学力アップにつながりますよ。

参考:App store スタディサプリ ENGLISHアルク

日本語訳の本も出版されている洋書を読む!

海外で出版された洋書を読んでみることもおすすめです。ポイントは、「日本語訳で書かれた本も出版されている洋書を選ぶ」こと。これはなぜかというと、日本語訳があるとその単語や一文がどのように訳されたのか、洋書と日本語訳本で見比べることができるからです。

最初は童話や海外で人気の物語などを選ぶと、取り組みやすいでしょう。絵本は子どもでも分かりやすいように訳されているので、まずは絵本を見てみるのも手です。また、海外でのベストセラーなら日本でも和訳本が出版されることも多く、こちらもおすすめです。

自治体が運営している図書館を利用すれば、費用もかからずに済みますよ。

参考:エリック・カール スペシャルサイト

本格的に学びたいなら英会話スクールに通う!

海外出張・旅行・留学をするにあたって本格的に英語を学びたい!という人は、英会話が学べるスクールに行く方法もあります。ネイティブな発音でのコーチングであるため、スキルアップに繋げることが可能です。

スクールによっては、ビジネス英語やTOEICなどの試験対策に利用できたり、マンツーマンレッスンやグループレッスンなどのプランが選べたりします。自分に合った目的や通い方ができる点もメリットです。

参考:Berlitz

まとめ

母国語以外の言語を習得することはなかなか難しいかもしれません。しかし、取り組みやすい方法なら、「英語を学ぼう!」という活力も湧いてくるはず。そのためには、英語に親しむ環境を作ることがポイントです。この記事を参考にして、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

nino

加工食品業界新聞や出版社の編集・ライター、サービス業、などを経験し、現在はフリーランスにて、さまざまなジャンルで活動している1男1女を持つママライター。 愛...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事