年末年始の旅行は、安く行けるLCCが正解?おトクに旅をする方法

貯金・家計

2018年の年末は29日土曜日からお正月3日まで休めれば6連休、1月4日(金)に有給がとれたら10連休になる人もいるとか。時間はたっぷりあるので海外旅行に行けそうですがどうしても値段が高くなってしまうのが年末年始。
年末年始の旅行をおトクに行うにはLCCがよいのでしょうか?検証してみたいと思います。

人気の海外旅行の相場はどうなっている?

通常期間、HISのホームページから人気の海外旅行の相場と年末出発を比較してみましょう。( )内は12月30日出発の価格です。なお価格は2018年11月10日時点のものです。
・ソウル 3日間 2万9800円〜(8万5800円)
・グアム 4日間 3万9800円〜(15万9800円)
・ハワイ 5日間 8万9800円〜(31万9800円)
・オーストラリア 5日間 6万9800円〜(28万9800円)
・ロンドン 6日間 9万5800円〜(25万9000円)

航空券とホテルがセットになったパックツアーの手配が旅行会社で一括手配できるので便利ですが、年末年始の価格はかなり高くなっているようです。

LCCを使うと安く行けるのか?

そこで注目したいのがLCC(ローコストキャリアの略)である格安航空会社を使った旅行。広告を見ると海外旅行に数千円で行けることもあるようですが、年末年始はどのような価格なのでしょうか?スカイスキャナーというサイトで、成田からソウルへ12月30日に出発して1月1日に帰ってくる航空券を検索してみました。
一番安いものは往復3万9300円でした。
・行き 12月30日 21:05成田発23:45ソウル(仁川)着 エチオピア航空
・帰り 1月1日 7:30ソウル(仁川)発10:00成田着 ジンエア

エクスペディアで中級ランクのホテルエアポートを検索すると12月30日から2泊で1万4766円。
航空券とホテル代を合計すると5万4066円となりました。パックツアーの8万5800円より3万円ほど安くなりましたが、現地で自由に行動できる時間はほぼ2日目のみですから旅行として考えると安いと思えるかどうかは少し疑問です。

年末年始、おトクに旅行をするには

年末年始をまたいで旅行しようとなるとLCCを使ってもそれなりの金額になり、別に手配するホテル代も高いのでパックツアーとさほど変わらないことになりかねません。LCCを活用するのであれば、早めにセールを見逃さず予約しておくとよいでしょう。

旅行をおトクに楽しむには、やはり時期が大事です。旅行の時期を翌週にずらすだけでも旅行価格はかなり下がります。使える有給休暇を活用して、安い日にちに少しずらして旅行すれば浮いたお金を旅先で美味しい食事やお土産代にすることもできるでしょう。

そして時期が決まったら、早期に予約するのが大事です。早期割引適用によりさらに安く旅行できます。

まとめ

LCCは時期を問わず安めの価格ですが年末年始はそれなりの金額になってしまいます。また、天候の影響で欠航になってしまった場合でも別の便に振替措置はなく航空券の払い戻しがあるだけなので旅行自体ができなくなる可能性もあるのです。(払い戻しになったお金でその当日に別の航空券を買うとなればかなり割高になってしまいます。)

なにかと支出が多い年末年始。LCCを利用する場合は特徴を理解して上手に利用し、パックツアーは時期を少しずらして旅行費用を安く抑えましょう。

稲村 優貴子

ファイナンシャルプランナー(CFP)、心理カウンセラー 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいと...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事