おしゃれを楽しみながら節約する方法は?

貯金・家計

節約の第一歩は買わないことですが、服はどうしても日常で必要なものです。しかも女性の場合、機能性だけでなくある程度の見た目にもこだわりたいものです。オシャレな服はその分値段が高いことも多いですが、今回は見た目にもこだわりつつ節約にもなる買い方を探してみました。

あえて1着の値段が高い服を買ってみる

必ずしもそうとは言い切れませんが、1着の値段が高い服を購入するのも節約になります。なぜかと言えと、高い服はその分丈夫に作られているので、長持ちするから。特にファストファッションの服を中心に購入していて、毎年のように買っている方は、節約できる可能性が高いです。ファストファッションは、安さを売りにしている分、製造に力を入れていないケースもあります。もちろんこちらも全てがそうとは言えませんが、1年と経たずに新しい服にしなければいけないのであれば、あまり賢い節約とは言えません。普段1000円の服を買っていて1年経たずに買い換えた場合と、2000円の服で3年持った場合では、1年あたりのコスパは後者の方が良いですよね。

一般ブランドのアウトレットや季節物バーゲンに注目

もちろん、1着何万円とする高級ブランドを買い求めろと言っているのではありません。一般のもので、普段より高めという範囲で構わないのです。またブランド品であっても、時期を過ぎた際はバーゲン品やアウトレット品として安く出回っていることがあります。買うタイミングをそこに集中させることで、丈夫でありながら費用を抑えた服を購入することが可能なんです。
またファストファッションなどは特定のデザインになっているケースが多いですが、ブランド品であれば細かいところまでこだわっているなど、オシャレな服を買っている感覚を得られます。ただしあまりその時の流行にこだわってしまうと、見た目の問題で使いまわせなくなってしまうので、モノクロを始め、様々なシーズンに対応できるものを優先しましょう。

中古ショップで様々なブランドを見比べよう

また古着屋など中古ショップでの購入もおすすめです。使い古された服も多いですが、最初に着た時点でサイズが合わない、インターネットで購入したために実際の色が違っていたという失敗で売られてしまったケースも存在します。何より、一定のブランドに限らず、様々な種類の服を1度に見られるというメリットも。見た目にもこだわるのであれば、より多くのブランドを比べた方が良いです。
古着屋でも丈夫そうか、シミや汚れなどがないかをチェックすれば、安価で長持ちする服を見つけることができます。良質のブランドを見つけたら、次回以降はそのお店の新品をチェックしに行くなど、お気に入りを見つける手段としても有効。
そして新品の服もそうですが、購入時にはお手入れの方法も要確認です。クリーニングに出さないといけないものは、お金が掛かります。管理面で費用を抑えられるかも重要です。

まとめ

服の節約は必要以上に買わないに越したことはないのですが、もし購入するなら丈夫そうか、いつのシーズンもコーディネートしやすいなどを踏まえましょう。逐一チェックは面倒でも、後々家計に貢献してくれます。

関連記事一覧