これからますます普及する「シェアサイクル」の魅力

貯金・家計

近年、車を他の人とシェアするカーシェアリングが主流となってきました。そんな中最近では、自転車をシェアするシェアサイクルが数を増やし、どなたでも簡単に利用でき、とても便利になってきました。今回はそんなシェアサイクルについてご紹介します。

シェアサイクルとその使い方

シェアサイクルとは、その名の通り自転車をシェアするもの。最近は、電動自転車が主流です。アプリやホームページで登録をおこない、近くにあるサービス対象の自転車のところまで行きます。その自転車にスマホやICカード、QRコードをかざしたり、スマホに送られてくる数字を入力するなどして開錠したら、利用を開始することができます。返却時はそのサービスが管理している専用駐輪場に置いて施錠、終了ボタンを押すなどして、利用を終了します。
料金制度も数種類あり、30分でいくらといった時間制、固定された金額を支払って半日利用、1日利用などがあります。その場で現金を使って払うことはほとんどなく、登録の際に入力したクレジットカードや、ICカードを使って精算します。

お買い物にもデートにも

シェアサイクルは現在、新宿・渋谷・六本木など都心に多く普及しています。この辺りは、電車に乗って移動することが多いかと思いますが、とても距離が近いので、実は自転車でいった方が早いということもしばしば。例えば休日にお買い物をして、荷物がたくさんあって電車に乗りたくない、といった時にシェアサイクルを利用するとスムーズに移動することができます。
また、1日自転車をレンタルして、サイクリングデートというのもオススメ。都内の広い範囲に駐輪場があり返却できるサービスであれば、どこでも返却できるので、自転車で行って帰りは電車、ということもできます。帰りも自転車に必ず乗る必要がないので、遠出して疲れても安心ですね。

通勤にも便利 

さらに都内にシェアサイクルは普及しているので、毎日の通勤時にも利用できます。駅から会社までの距離が少し遠いところにあったり、夏はあまり歩きたくないという方にオススメです。最近は電動自転車が主流なので、楽チンですよ。月額料金で利用することができるサービスもあるので、使用料金が高額になりすぎる心配もありません。月額で使用すると少しお得になるサービスもあるので、ぜひ調べてみてください。

いかがでしたか

今、自転車シェアリング広域実験もおこなっており、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区の9区において、すべてのポートで貸出・返却することが可能です(練馬区は貸出有、返却不可)。これからさらに使いやすくなるシェアサイクル。ぜひ1度利用してみてはいかがでしょうか。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事