定期保険のメリット・注意点まとめ

保険

定期保険は保険期間を決めて、保障期間内に死亡あるいは高度障害になった場合のみ保険金を受け取ることができます。いわゆる掛け捨てと言われ、貯蓄性のある生命保険ではありません。
今回は、定期保険のメリットと注意点を解説します。

定期保険のメリット① 保険料が安い

定期保険は、同額の死亡保険金の養老保険や終身保険と比べて、保険料が安いのが最大のメリットです。なかでも定期保険の一種である「収入保障保険」が人気です。定期保険は死亡保険金を一括で受け取りますが、「収入保障保険」は、15万円などと契約時に決めた給付金をお給料のように毎月、受け取ることができます。子どもの成長とともに年々必要保障額が減っていくと考えられ、受け取る死亡保障総額が年々減額していくことで定期保険よりも保険料がさらに安く抑えられています。

定期保険のメリット② 保障内容が見直しやすい

定期保険はあらかじめ決めた保障期間より前に高額な死亡保障が必要でなくなった場合、保障額を減額したり、解約したり貯蓄性のある生命保険と違って保障内容が見直しやすいのもメリットです。例えば、子どもが小さいうちは高額な保障が必要で契約したとしても、貯蓄が増え、子どもの成長とともに高額な保障が必要ではなくなる場合もあります。ライフプランの変化に応じて保障額を減額したり上乗せして加入したりシンプルに保障内容を見直しやすいといえるでしょう。

定期保険の注意点① 保障期間が定められている

定期保険は保障期間が定められているので、保障期間が過ぎると保障はなくなります。いざ保障期間の終了時期に近づいた時に、計画していたより貯蓄ができなかったので更に定期保険に加入しようとしても契約者の年齢が高齢になっているため保険料は高くなるうえに、健康状態によっては加入できない可能性もあります。よって、いつまで保障期間が必要なのかライフプランを考慮した上で契約する必要があります。

定期保険の注意点② 貯蓄性がない

定期保険は貯蓄性がなく、解約返戻金は無い、もしくはほとんど無いので、死亡保障を持ちながら貯蓄もしたいという希望であれば当てはまりません。よって安い保険料で高い保障額が必要であれば定期保険に加入しながら、貯蓄については、生命保険以外の金融商品で資産運用を検討しましょう。
 

まとめ

子どもが小さいうちなど、ある一定期間に保険料を安く抑えて高い保障を持つことができる定期保険。万が一の場合に備えることだけを目的とするのであれば、掛け捨てである定期保険の加入がベストといえるでしょう。

今関 倫子

4,804 views

ファイナンシャル・プランナー 外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事