一つは欲しい!雨の日に役立つレイングッズ3選

ライフ

梅雨シーズンとなり雨の続く日々がまだまだ続きそうです。雨の日は外出が億劫になりがちですが、そんな雨の日の外出時の不便さ・不快さを軽減してくれるのがレイングッズです。
最近ではさまざまな種類のレイングッズが売られていますが、レイングッズを選ぶ際のポイントは「梅雨シーズン以外でも利用する機会があるか」という点です。せっかくお気に入りのレイングッズを購入しても、年間を通して使う機会が少なければコスパが良いとは言えません。

今回は梅雨シーズン以外でも大活躍の、一つは欲しい雨の日に役立つレイングッズをご紹介します。

雨の日に役立つレイングッズ1:デザイン性や機能性に注目!「レインシューズ」

雨の日の定番アイテム、レインシューズ。
レインシューズと言えば長靴のイメージが強いため、「ビジネスシーンで利用しにくい」「コーディネートが難しい」などの理由から敬遠する人もいるでしょう。

しかし最近は、ビジネスシーンでも利用できるローファータイプや、普段使いしやすいスニーカータイプなど、デザイン性の高いものが増えています。
このようなタイプのレインシューズを1足持っていれば、梅雨シーズン以外でも手軽に利用しやすいのでおすすめです。

また長靴派の人におすすめなのが、折りたためるタイプのレインシューズです。
コンパクトサイズに折りたたむことができるため、玄関やオフィスなどで場所をとる心配がありません。さらに収納袋がついているものであれば、持ち運びにも便利。旅行やアウトドアでも役立つこと間違いなしです!

レインシューズの価格は2,000円~10,000円程度、人気ブランドでは1万円を超えるものもあります。
安すぎるレインシューズはゴムが劣化しやすいものもあり、長い目で見るとコスパが良くない場合があります。長く使いたい場合は、少し高くても耐久性に優れたものを選ぶとよいでしょう。アウトドア用品店やネット通販で購入できますが、梅雨シーズンであればデパートやアパレルショップでも売られています。

雨の日に役立つレイングッズ2:自転車や夏フェスで大活躍の「レインポンチョ」

自転車に乗る時など、傘を差しにくいシーンで役立つのがレインウエア
レインウエアの定番アイテムといえばレインコートですが、「着るのに手間がかかる」「蒸れやすいと」いったデメリットもあります。そこでおすすめなのがレインポンチョです。

レインコートと違って袖がないため、頭からかぶるだけで簡単に着ることができ、通気性が良いことが特徴です。身幅にゆとりがある形状のため、リュックなどの上から着ることもできます。
ちょっとした雨でも手軽に着用できるため、普段から自転車を利用する人にとって雨の日に役立つこと間違いなしのレイングッズです。

またレインポンチョはコンパクトに収納しやすいため、夏フェスやアウトドアなどでの持ち運びにもおすすめです。

レインポンチョはアウトドア用品店やネット通販などで、1,000~5,000円程度で購入できます。自転車の前かごを覆うことができるように設計されたものや、おしゃれなデザインのものなど、さまざまな種類のものが売られています。

NEXT:「マイクロファイバーで吸水!「◯◯ケース」」

続きを読む
1 / 2

Yacco

金融系フリーライター 大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事