簡単な勉強で英会話ができるようになりたい!お手軽勉強法を紹介

趣味・美容

仕事で使う環境にいなくても、英語が必要だと感じることはありませんか?
海外からの旅行客も増え、街を歩いていると質問されることもあります。相手の質問は理解できても、英語で答えられないという人も多いはず。
今回は簡単な勉強で、ちょっとした英会話ができるようになるお手軽勉強法を紹介します。

まずは耳を英語に慣れさせよう

英語初心者は、英語を耳にするだけでフリーズしてしまうことがあります。その理由のひとつは、耳が英語に慣れていないからです。また、英語=わからない言語と思い込んで思考をシャットダウンしているようなケースもあります。

まずはその考え方を解除しましょう。英語に苦手意識を持っていると勉強が楽しくないばかりか、せっかく勉強しても身につかないので、もったいないですよ。初心者が英会話の勉強を始めようと思ったら、まずは字幕で洋画を観たり洋楽を聴いたりして、英語を聴くことに慣れましょう。

慣れてきたら、英語を話しているラジオやニュースを観ていくのがおすすめです。ラジオやニュースでは聞きなれない単語が出てくることも多いので、英語に少し慣れてからの方が聴き取りやすくなりますよ。

英語にさほど苦手意識がないという人は、英語のラジオやニュースから始めてみるのもおすすめ。短期間に独学で英会話をマスターしたいと思えば毎日英語に触れ、家でのテレビはすべて英語、と徹底すると良いでしょう。

英会話を上達させるにはなんといっても単語力

英会話の上達には、聞く力と話す力が大切。英語の文法も大切ですが、英会話だけで考えると、単語力があればなんとかなる場合も多いです。相手の話が理解できても答えられない場合は、単語力不足が考えられます。

単語力をアップさせるのは、なんといっても暗記のみ。通勤時間や休憩時間などに単語帳を開いて覚える方法が良いでしょう。英語のラジオやニュースを聴いてわからない単語が出てくればメモしてまとめておきます。そうすれば、自分専用の単語帳の完成です。

ほかにはスマホアプリの活用もおすすめ。アプリではゲーム感覚で単語を簡単に勉強できます。答えられなかった単語は、自分の苦手単語としてまとめてくれるでしょう。

また、英単語を正しく発音してくれるアプリもあるので、学生だけでなく大人にも便利です。スマホを見る時間が長いという人は、コラムなどをサイトで見るときに日本語設定ではなく英語設定にして読むというのもおすすめ。

ちょっとした時間を見つけて勉強する習慣を身に着ければ、自然と英語に触れる時間も長くなるので、上達につながりますよ。

文法も大切!けれど英会話はフレーズの暗記でもOK

ほかの国の言語を覚える場合、その言語の文法を勉強することも大切です。しかし本などの文章を読むというよりは、早く会話ができるようになりたいという人も多いはず。

そんな人には、市販の教材を使った勉強方法より、よく使う英会話のフレーズを暗記することをおすすめします。そうすると、自然と英語が出てくるようになり、会話に発展しやすいです。

文法ばかり勉強してしまうと、いざ英語を話そうとしたときに頭で考えてしまって、会話が進みません。せっかく英会話ができる機会なのに、そのチャンスを逃してしまいます。会話の輪に入るのが少し不安と感じるかもしれませんが、少しの勇気で周りの環境がガラッと変わるので、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

英会話の勉強方法には、英会話教室に通ったり留学したりと、さまざまな方法があります。しかし、どれも費用がかかるものです。独学で勉強すれば、必要最低限の費用で学べるので、少し英会話に興味があるという人はまず自分で勉強するのがおすすめ。勉強していく中で補いたいものが出てくれば、そのときにほかの方法を考えていけば良いでしょう。何事も最初の1歩を踏み出す勇気が大切です。

nobii

大学卒業後金融機関に勤務。 現在はライターとして幅広い分野の記事を執筆中。

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事