金融リテラシーをあげるには すぐできる4つの方法

マネーケア

学校などで「マネー教育」を受けずに育った私たち。人生100年時代を前にして、金融リテラシーを身に付けることが求められています。でも、どうすれば金融リテラシーを身に付けられるのでしょうか。今回は、その能力をあげる方法についても解説します。

金融リテラシーとは

リテラシーとは、何かを活用する能力のこと。つまり、金融リテラシーとは、金融に関して、「知識や情報を正しく理解する能力」プラス、「自分で主体的に判断できる能力」のことです。
これは、子育中や老後など年代を問わず、経済的な自立と自分が望むライフスタイルを実現するために持っておきたい能力です。

どうして金融リテラシーをあげたほうがいいの?

長らく続く低金利。預金をしてもお金を増やすことが難しい時代となりました。働き方改革の影響で、そうそう残業もできません。節約にも限りがある中で、使えるお金を増やす方法として、金融商品の活用を学ぶことが必要になってきます。

どんな金融商品にいくら投資したらいいのか、しっかりと判断するには金融リテラシーの有無がポイントになります。
時には旅行に行ったり外食したりできる気持ちの余裕や充実感を得るためにも、金融リテラシーをあげることを目指しましょう。

金融リテラシーをあげる方法

金融リテラシーを上げる方法として参考にしたいのが、金融リテラシー・マップです。これは金融庁「金融経済教育研究会」が整理したもので、一人の社会人として、経済的に自立し、より良い暮らしを送っていくために、生活スキルとして最低限身に付けるべき金融リテラシーを、年齢層別に、体系的かつ具体的に4つの分野で示しています。このマップを参考に、金融リテラシーをあげるためにすぐできる方法を解説します。

1.収入の範囲内に支出を抑える
マップの第1分野は「家計管理」です。
家計管理を身に付ける第1歩は、必要なものと欲しいものを区別し、優先順位をつけて計画的にお金を使うこと。収入と支出のバランスが取れた、適切な収支管理(赤字解消・黒字確保)を習慣化することを目指しましょう。

2.ライフプランを紙に書くこと
マップの第2分野は「生活設計」。
これからの人生で何をしたいか、そのためにいくら費用がかかるのか、いつからどのような方法で貯めていくのかを考えて紙に書いていきます。計画的に実行できるよう、家族が考えるライフプランも共有し、その実現に向けてお互いに協力できる体制を整える工夫も大切です。

3.経済や社会の情報を得ること
マップの第3分野は「金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択」。
つまり、経済や社会の情報を理解して、どんな金融商品を選んだらいいか判断できるようになりましょう、ということです。
そのために、手始めにできることとしては、新聞やネットなどを活用して経済や社会の情報を得ることが大切です。

情報があれば、適切な金融商品を選ぶことができます。
例えば、生活費や、緊急時に備える資金は、すぐに引き出せる普通預金を利用します。
それとは別に、3年後住宅ローンの頭金に使いたい資金があれば、固定3年の個人向け国債などが適しています。
このように、お金を使う時期や目的によって実際にどの金融商品を選ぶのが良いか考えるチカラが身に付きます。

4.わからないことは信用できるその道のプロに聞くこと
マップの第4分野は「外部の知見の適切な活用」。
よく分からないままに投資商品や保険を購入したり、投資詐欺などのトラブルにあったりしないために、自分にとって必要で信じられる情報を選択できることも金融リテラシーの大切な要素です。
自分だけで判断することが難しいときは、専門家である第三者のアドバイスを活用しましょう。その時でも、情報やアドバイスを踏まえつつ、最終的な判断は自分で行ってください。

まとめ

金融リテラシーが上がることで、より良い金融商品や金融サービスが普及していくことが期待されています。自分を守る手段としても、金融リテラシーを身に付けたいですね。

金融リテラシーが学べるマネーケアスクールでキャンペーン実施中!

辻本 ゆか

1,725 views

CFP、おふたりさまの暮らしとお金プランナー 企業の会計や大手金融機関での営業など、お金に関する仕事に約30年従事。暮らしにまつわるお金について知識を得るこ...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事