女性の転職に有利な資格10選 業種別にリストアップ

給与・ボーナス

転職の際に、スキルの証明として有効なのが資格です。資格があれば、その人がどんな知識や技術を持っているかを客観的に判断できるからです。資格の難易度はさまざまですが、持っていれば転職に役立つのは間違いないでしょう。ここでは女性の転職に有利な資格を10個、業種別にご紹介します。

医療・介護業界

医療・介護系の資格は、専門の学校で学び国家資格に合格し取得するものと、働きながらでも取得できるものがあります。ここでは転職を前提とした、働きながらでも取得できるものをご紹介します。

医療事務

病院での受付、会計業務、レセプト業務を行うための資格です。6ヶ月程度の通信教育や、3ヶ月ほどの通学講座で取得できるので、働きながらでも取りやすいのが特徴です。

参考URL:https://www.from-40.jp/columns/2032

調剤薬局事務

調剤薬局での受付や請求業務を行います。調剤薬局は全国にあるため、転職先が見つけやすいのが特徴です。

4ヶ月程度の通信教育で取得できるので、医療系の職種が初めてという方でも挑戦しやすいでしょう。

参考URL:https://www.u-can.co.jp/%e8%aa%bf%e5%89%a4%e8%96%ac%e5%b1%80%e4%ba%8b%e5%8b%99/

介護職員初任者研修

厚生労働省が認定した公的資格です。受験資格が定められていないので、誰でも受けられます。

介護に必要な知識や技術を学び、筆記試験に合格して取得します。10科目、130時間ほどの受講カリキュラムを学び受験します。研修期間は2~4ヶ月ほどです。
参考URL:https://www.from-40.jp/columns/2032

不動産業界

不動産業界に転職を考えている人は持っておいて損のない資格が多いです。

宅地建物取引士

不動産業で家の売買や賃貸を仲介する際などに必要な資格です。年齢などの制限資格がないため、何歳からでもチャレンジできます。

有資格者の設置が不動産業務をには義務付けられているので、資格を持っているだけで有利になります。またプライベートでも家を売買する際に役立ちます。勉強期間も2ヶ月程度と短いのが特徴です。

参考URL:https://www.from-40.jp/columns/2032

管理業務主任者

マンション管理業者が管理組合などに対して管理委託契約などの説明や報告を行う際に必要な国家資格です。管理業務主任者試験に合格し、登録して交付を受けます。

マンション管理組合などの運営の相談にのる「マンション管理士」と一緒に取得する方も多いです。勉強期間は4~10ヶ月ほどです。

参考URL:http://www.kanrikyo.or.jp/kanri/

金融業界

銀行などの金融業界に転職したい人におすすめの資格をご紹介します。

ファイナンシャルプランナー

保険、年金、税金などの専門的な知識を持ったお金の専門家です。社会の仕組みがさまざまに変化する中で、さらに注目されている資格の一つです。

金融業界はもちろん、不動産会社、住宅メーカー、保険会社など多くの業種で役立つ資格です。独立・開業したい人にもおすすめ。取得までの勉強時間は6~8ヶ月程度です。

参考URL:https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/50/

証券外務員

金融商品の取引を行う人が持つ必要のある資格です。銀行や証券会社では初期に取得が奨励・義務付けられています。他業種から転職したい場合は、持っていると有利になるでしょう。

証券外務員には、一種外務員資格と二種外務員資格があります。試験に合格し、金融庁に登録を完了することで証券外務員を名乗れます。一種の方が幅広い取引を扱えますが、二種であれば1週間程度の勉強時間でも合格できる可能性があるため、まずは二種から挑戦するのがおすすめです。

参考URL:https://ten-navi.com/hacks/article-36-11774

証券アナリスト

日本証券アナリスト協会が認定する民間資格です。証券投資の専門家として、投資の助言や管理サービスを行います。金融の知識を有していることを証明できるため、証券会社だけでなく経理や会計などに転職する際も有利になることが多いです。

試験を受けるためには、通信講座3科目の受講が必要です。また試験に合格した後も認定されるには3年の実務経験が必要なので注意しましょう。

参考URL:https://ten-navi.com/hacks/article-36-11774

飲食業界

調理などの飲食業界への転職を考えている人におすすめの資格をご紹介します。

調理師

調理師はレストランやホテル、企業の食堂などで料理をする人を指します。食品の衛生や栄養、適切な調理法などの知識を持っており、安全な料理を作れることを証明できます。

調理の腕だけでなく衛生面などの正しい知識を身に付けていると証明できるため、転職でも有利です。レストランなどの飲食店のほか、福祉施設や病院、学校など働ける場所は多岐にわたります。

参考URL:https://www.u-can.co.jp/%E8%AA%BF%E7%90%86%E5%B8%AB/about/

ワインソムリエ

ホテルやレストランでお客さんの好みに合わせて、最適なワインを提供する仕事です。まず「ワインエキスパート」の資格を取得し、実務経験を積んでからソムリエとワインアドバイザーの資格を取得します。

参考URL:https://mynavi-agent.jp/knowhow/certificate/

まとめ

資格はその分野の知識や技術を持っていることを客観的に証明できるため、転職に有利です。また年齢や性別によって制限されるものも少なく、女性も多くの方がチャレンジしています。

今回ご紹介した資格に挑戦し、ぜひ転職に活かしてください!

月木なつめ

サービス業や事務などの会社員を経てフリーランスに。 大学で考古学専攻。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも多い。 IT・旅行・ゲームなどの多...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事